慎思録―現代語訳 (講談社学術文庫)

著者 :
制作 : 伊藤 友信 
  • 講談社
3.25
  • (0)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061592193

作品紹介・あらすじ

なぜ人は学ばねばならないのか。人はどう生きるべきか。益軒の豊富な人生経験を踏まえて書き綴られた本書『慎思録』は、説得力に富み、味わい深い。人生の岐路に立たされたとき、そして、よりよく生きるために人は何をなすべきかを懇切丁寧に説く。今日の日本人がわすれがちな正義・信義・真実・正直・誠実など、現代にも通じる二百四十二の生き方を、原文と口語訳で平易に解説した実践的教訓書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 『養生訓』で有名な江戸時代の儒学者が著した人生訓の本。原本の800以上の項目から今日にも重要な242条を抜粋している。
    人生の根源や学問の本質、さらには正義・信義・真実・正直・誠実などについても語っていて、大変身が引き締まる。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

江戸時代の本草学者、儒学者

「2014年 『[新釈]養生訓』 で使われていた紹介文から引用しています。」

貝原益軒の作品

慎思録―現代語訳 (講談社学術文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする