秦漢帝国 (講談社学術文庫)

著者 :
  • 講談社
3.77
  • (5)
  • (15)
  • (10)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 105
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・本 (572ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061592735

作品紹介・あらすじ

秦の始皇帝が初めて中国全土を統一した紀元前3世紀から後漢末までの400年間。この時期、清朝滅亡まで存続した皇帝制度と官僚制が確立し、中国の精神文化の支柱となる儒教も国教化される。二千年にわたる中国の国家体制を決定づけた秦漢帝国の実像を、中国史の秦斗が考察。劉邦、項羽などの英雄と庶民の織りなす壮大な歴史を、兵馬俑の発見など注目の研究成果を盛り込み詳細に説いた必読の力作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 1970年代に刊行された概説書の補筆修訂版。近年、新たな概説書シリーズがいくつか発行されているものの、賛否両論無いわけではないので、こうした古い名著にも触れる機会は持っておきたい。その点、本書の文庫本で保管しやすいと言う点は貴重。

  • 秦帝國と漢帝國。中華帝國史初期の二大統一帝國の歴史を考察している一冊。講談社学術文庫の中華帝國史の考察シリーズの一つである。

  • 楚漢戦争から後漢末までの歴史書
    この時期の後代への著名な影響として
    皇帝制度の確立と儒教の国教化を主な観点とし
    また冊封体制へと至る東アジア世界形成過程にも筆を割いた内容
    書かれたのが1973年で1996年の文庫化に伴い
    1974年の始皇帝兵馬俑抗についても追記している
    歴史書が伝えきれなかった数多の事柄は
    史実がいかに危ういか思い出させてくれる
    残されたわずかな手がかりを読み解きつなぎ合わせて解釈し
    歴史となすことの難しさと面白さよ
    愚者は経験に学び賢者は歴史に学ぶ
    歴史に一時期でも成功者と記される中にどれだけ賢者がいたか
    驚くべき失政も奇跡の大成も人間個々の能力を超えて
    時代の要請が作り出すようでもあり
    それもまた多くの些少の人間が作り出すようでもある

  • 第1章 秦帝国の形成
    第2章 秦帝国の崩壊と漢帝国の成立
    第3章 漢初の劉氏政権
    第4章 武帝時代の外征と内政
    第5章 霍氏政権の成立と崩壊
    第6章 儒教の国教化と王莽政権の出現
    第7章 後漢王朝の成立
    第8章 後漢王朝の推移とその対外関係

  • [評価]
    ★★★★☆ 星4つ

    [感想]
    この時代に関しては小説や漫画、ゲームからの知識はあったけどしっかりとした知識ではなかったので一念発起し、この本を手にとってみた。
    読んでいると秦朝の段階では三国志の時代である後漢朝末期と決定的に異なるのが儒教だったことには驚いた。自分の中では儒教は昔から不変に存在していた印象を持っていたからだ。
    どちらかといえば秦朝は法を中心とした政治を行い、先進的だったのだなと感じた。
    また後の日本も大きな影響を受ける華夷秩序が秦漢時代を通し、徐々に形になるのは面白かった。
    これを読むと三国志をより楽しむことができそうだ物語中に登場する役職や仕事の内容をはじめて詳細に理解できたような気がするよ。

  • 遘ヲ蟶晏嵜縺ョ蠖「謌舌?ょァ狗嚊蟶晏燕蜿イ縲ゅ?檎嚊蟶昴?阪?諢丞袖縲ょァ狗嚊蟶昴?讌ュ邵セ縲らァヲ蟶晏嵜蟠ゥ螢翫?よ・壽シ「謚嶺コ峨?よシ「蛻昴?蝗ス螳カ讖滓ァ九?ょ曹蜷主ーょ宛縲よ枚蟶晏叉菴阪?よー醍扱蛻カ蠎ヲ縲りウ郁ェシ縺ィ譎?険縲りォク萓ッ邇区椛蛻カ謾ソ遲悶?ょ痩讌壻ク?嵜縺ョ荵ア縲よシ「蛻昴?蟇セ螟夜未菫ゅ?ょ、冶?縲∝、冶掠縲よュヲ蟶晏叉菴阪?ょ、門セ√↓繧医j逕溘§縺溽、セ莨夂泝逶セ縲り。帷函縺ィ髴榊悉逞??ょ漉雜翫→陦帶ー乗悃魄ョ縺ョ貊?コ。縺ィ縺昴?驛。逵悟喧縲ょシオ鬨ォ縺ィ隘ソ蝓滉コ、騾夊キッ縲ょッセ蛹亥・エ謌ヲ莠牙?髢九?り?豁ヲ縲∵搦髯オ縲∵搦蠎?茜縲よ。大シ倡セ翫→譁ー雋。謾ソ謾ソ遲悶?ょ。ゥ驩?ーょ」イ蛻カ縲∝插霈ク繝サ蟷ウ貅匁ウ輔↑縺ゥ縲ょシオ貉ッ縲ゅ?碁?蜷?豕戊。灘ョ伜?)縲阪→蜆呈蕗蝗ス謨吝喧縲ょキォ陟ア縺ョ荵ア縲∵ュヲ蟶昴?豁サ縲よ亊蟶晏叉菴阪→髴榊?縲??譌・?(縺阪s縺倥▲縺ヲ縺?縲∽ク雁ョ俶。?縺ョ陬應ス舌?ょー壽嶌縺ォ繧医k蜀?悃縺ョ謌千ォ九?ゆク樒嶌逕ー蜊?ァ九→蠕。蜿イ螟ァ螟ォ譯大シ倡セ翫?螟匁悃縲ら?邇区率縺ョ蜿堺ケア縲よ帆諠?ク榊ョ峨→陦帛、ェ蟄占ゥ千ァー莠倶サカ縲ょ。ゥ驩?シ夊ュー縲ょ、匁悃縺ィ蜀?悃縺ョ蟇セ遶九?ゆク雁ョ俶。?縺ィ譯大シ倡セ翫′謇九r邨?∩髴榊?縺ィ蟇セ遶九?ゆコ悟コヲ繧√?辯慕視譌ヲ隰?蜿阪?る恪豌乗帆讓ゥ謌千ォ九?よ?驍醍視蟒?ス阪?ょョ」蟶晏叉菴阪?る恪蜈画ュサ蜴サ縲ょョ」蟶晁ヲェ謾ソ縺ィ髴肴ー剰ェ?サ??りカ吝?蝗ス縲り・ソ蝓滄?隴キ險ュ鄂ョ縲ょ決螂エ縺ョ蜻シ髻馴が蜊倅コ取兜髯阪?ら視譏ュ蜷帙?ょ?蟶晏叉菴阪?よウ戊。薙→蜆定。薙?繝舌Λ繝ウ繧ケ縺悟エゥ繧後k縲ょョヲ螳伜ーよィゥ縲ょ?螳カ螳伜?縺ョ蜿ー鬆ュ縺ィ縺昴?隕ウ蠢オ隲悶?ょョ怜サ溷宛縺ィ驛顔・?蛻カ縺ョ螟牙喧縲るΓ蝗ス蟒溘?蟒?ュ「縲ゆク?サ溷宛縲ょ漉蛹鈴リ逾?縲ょ?謨呎?晄Φ縺ォ繧医j莠瑚サ「荳芽サ「縺吶k蝗ス螳カ縺ョ逾ュ逾?蛻カ蠎ヲ縲ら嚊蟶昴→螟ゥ蟄舌?讖溯?蛻?屬縲ら嚊蟶晏?迺ス縲ょ?螳カ諤晄Φ縺瑚ョ也キッ隱ャ縺ェ縺ゥ縺ョ逾樒ァ倅クサ鄒ゥ縺ィ邨仙粋縲ょ?蟶昴?∵?蟶昴?螟匁?邇区ー上?蜿ー鬆ュ縲ょ凍蟶晏叉菴阪→邇玖漆荳矩?縲ら視闔ス蜀堺ササ縲ょケウ蟶晏叉菴阪?るリ逾?繝サ譏主?ゅ?蛻カ螳壹?∝、ゥ蟄蝉ク?サ溘?豎コ逹?縲∝ュヲ蛻カ繝サ遉シ蛻カ縺ョ謨エ蛯吶?ょ?謨吶?蝗ス謨吝喧繧貞ョ梧?縺輔○縺溽視闔ス縲ら視闔ス縺ョ邁貞・ェ縲よ眠邇区悃謌千ォ九?ょ?蜷弱?謚オ謚励?ょョ伜宛縲∝悄蝨ー蛻カ蠎ヲ縲∬イィ蟷」蛻カ蠎ヲ縺ョ謾ケ髱ゥ縲ょ膚讌ュ縺ョ邨ア蛻カ縲ょ決螂エ縲?ォ伜唱鮗励↑縺ゥ縺ョ髮「蜿阪?りオ、逵峨?荵ア縲ょ漉髯ス蜉画ー上?蜿堺ケア縲よ峩蟋句ク晏叉菴阪?ら視闔ス貊?コ。縲よ峩蟋句ク晄帆讓ゥ縺ョ謾セ邵ヲ縺ィ襍、逵峨?髮「蜿阪?よ峩蟋句ク晄風莠。縲ょ渇遘?縺ョ閾ェ遶九→蜊ウ菴阪?りオ、逵画兜髯阪?る囓蝗ゅ?∝?蟄ォ霑ー縺ェ縺ゥ蝗ス蜀?ケウ螳壹?ら少雜??隘ソ蝓溽オ悟霧縲らセ梧酪縺ョ蜿堺ケア縲ゆコ、雜セ(蠕エ蜑??∝セエ蠑榊ァ牙ヲケ)縺ョ蜿堺ケア縲らワ譯薙??ョョ蜊代??ォ伜唱鮗励?ょ?ュ蝗ス譛晁イ「縲
    邇玖漆縺」縺ヲ蠕ゥ蜿、逧?↑螯?Φ迢ゅ↑縺?縺代□縺ィ諤昴▲縺ヲ縺溘¢縺ゥ縲∝スシ縺瑚。後▲縺溷?謨咏噪遉シ蛻カ謾ケ髱ゥ縺後◎縺ョ蠕後?豁エ莉」邇区悃縺ォ雕剰・イ縺輔l縺ヲ縺?▲縺溘%縺ィ繧定??∴繧九→蟆代??ゥ穂セ。繧呈隼繧√↑縺?→縺?¢縺ェ縺?→諤昴▲縺溘?

  • [ 内容 ]
    皇帝制度と官僚制が確立し、中国の国家体制を決定づけた紀元前三世紀からの四百年を考察。
    始皇帝や劉邦、項羽など英雄と庶民の織りなす壮大な歴史を中国史の泰斗が詳細に説く力作。

    [ 目次 ]
    第1章 秦帝国の形成
    第2章 秦帝国の崩壊と漢帝国の成立
    第3章 漢初の劉氏政権
    第4章 武帝時代の外征と内政
    第5章 霍氏政権の成立と崩壊
    第6章 儒教の国教化と王莽政権の出現
    第7章 後漢王朝の成立
    第8章 後漢王朝の推移とその対外関係

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  •  秦、漢時代について知りたい人、学びたい人の必読書。いわゆる通史というもので、文体は全体的に簡潔で分かりやすく、初心者の方にもお勧め。

     個人的には武帝の時代が法術を第一とする酷吏の時代、宣帝の時代が、民を慈しんだ循吏の時代、という記述が新鮮でした。何度でも読み返す価値がある。

  • 戦国時代を収束させた秦と、それを土台として大帝国を築いた漢の通史。
    大先生の概説書なので、情報が古い面もありますが、とってもわかりやすいです。
    爵位を売ることが出来たよとか、お酒は三人以上で飲むのはいけなかったよとか、面白いです。
    武帝の対匈奴政策や、金策、王莽さんが儒教を国教として定着させたなど、大事なところはしっかり解説してくれてます。
    あと、何気に宣帝さんはかっこいいと思いました。

全13件中 1 - 10件を表示

西嶋定生の作品

秦漢帝国 (講談社学術文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする