親鸞 (講談社学術文庫)

著者 :
  • 講談社
4.00
  • (3)
  • (3)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :22
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (250ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061592889

作品紹介・あらすじ

法然の思想を継承しつつ、独自の境地を切り開いた真宗の開祖親鸞。その思想の究極は、悪人優先の救い、煩悩具足のままの救い、この世とあの世における平等、の現世における実現にほかならない。時の権力や既存宗教による度重なる迫害、越後への配流、東国移住、実子善鸞の義絶等々、求道者ゆえ、布教者ゆえの波瀾にみちた親鸞の生涯とその思想を、真宗研究の第一人者があざやかに描いた書き下ろし。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 親鸞の一生、思想が読みやすく書かれており、良い新書だったと思います。

全2件中 1 - 2件を表示

笠原一男の作品

ツイートする