漱石とあたたかな科学―文豪のサイエンス・アイ (講談社学術文庫 (1324))

著者 :
  • 講談社
2.75
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (238ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061593244

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【つぶやきブックレビュー】2016年は漱石没後100年(12月9日が命日)。

  •  着眼点は面白いと思うのですが、ほとんど科学の話ばっかりです。漱石論というか、漱石に関係ある科学の話をしているだけにすぎないと思います。ちゃんと読んだら面白かったのかもしれませんが、どっちにしても漱石研究の参考になるとはあまり思えなかったので、この評価。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1948年生、1971年早稲田大学理工学部卒業。早稲田大学オープン教育センター所長などを経て、現在、早稲田大学社会科学部教授。専攻・科学史。著書「漱石が見た物理学」「道楽科学者列伝」「科学史年表(増補版)」「犬と人の文学誌」「寺田寅彦」「科学史人物事典」「入門現代物理学」(中公新書)、「神さまはサイコロ遊びをしたか」「漱石とあたたかな科学」(講談社学術文庫)、「肖像画の中の科学者」(文春新書)、「ケンブリッジの天才科学者たち」(新潮選書)、「決定版 心をそだてる科学のおはなし人物伝101」(講談社)他多数

「2018年 『〈どんでん返し〉の科学史』 で使われていた紹介文から引用しています。」

漱石とあたたかな科学―文豪のサイエンス・アイ (講談社学術文庫 (1324))のその他の作品

小山慶太の作品

ツイートする