龍樹 (講談社学術文庫)

著者 :
  • 講談社
4.09
  • (35)
  • (27)
  • (19)
  • (4)
  • (0)
本棚登録 : 453
レビュー : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061595484

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ナーガールジュナ(龍樹)は、大乗仏教の根幹にある「空」を徹底的に考え、理論化した。でも、こういう宗教の教義に関する議論って、門外漢には、前提となる知識がないと何を議論しているのか、全く分からない。というところを、中村元先生が、相当に分かりやすく、かゆい所に手が届く解説をしてくれる。

    で、「空」とは、なにかというと、冒頭部分で、「大乗仏教は、もろもろの事象が相互依存において成立しているという理論によって、空の観念を基礎づけた。・・・大乗仏教、とくにナーガールジュナを祖とする中観派の哲学者は次のように主張した。ー 何ものも真に実在するものではない。あらゆるものはみかけだけの現象にすぎない。・・・あらゆる事物は他のあらゆる事物により条件づけられておこるのである。したがって空とは、あらゆる事物の依存関係にほかならない」と書いてあって、もうこれだけで、目から鱗が落ちまくる。

    ということで、最初の数ページを読めば、もうそこでナーガールジュナの思想は分かってしまう。では、あとの数百ページ、何が書いてあるかというと、その思想をテクスト自体とさまざまな解釈本のテクスト、そして当時の仏教思想のコンテクストとの関係、さらにはキリスト教などでの論争やラッセルなどの論理哲学との関係において、多層的に読み解いていく訳で、相当に知的にスリリングな読書体験だった。

    仏教の教義の解釈論的なところは、面倒な部分もあるが、中村先生は、文献的な解釈をしっかりと行いつつ、常に本質的な議論に戻っていくので、素人でもなんとかついていける。

    中村先生の、仏教に関する知識の深さと世界的な視野の広さの両立、そしてそれを平易に伝える能力は、本当に希有なものだったと改めて認識。

  • 人類が到達したあらゆる思想の中でも最も奥深いといっても過言ではない偈頌の訳と解説。
    思想詩ともいってよいこの論を理解するための入門書。

  • 有に対立するのが空なのではなく、無である。
    中観は、主に説一切有部の法有を批判であり、有と無のどちらも否定し、それらは相依関係にあり(縁起に依り成立し)、そのため無自性であり、即ち空であるとする。そのため空は中道であるといわれる。
    中国の天台宗で説かれた仮諦・空諦・中諦という三諦の思想は中観には存在しない。
    ナーガルジュナはさらに空も否定した。

    空の中には何ものも存在しない。しかもあらゆるものがその中から出て来るのである。それは鏡のようなものである。
    実質についていえば、「空」の真の特質は、「何もないこと」であると同時に、存在の充実である。それはあらゆる現象を成立せしめる基底である。

  • 仏教学の泰斗・中村元博士による、「中論」および「空」に関する明晰な解説書。
    とにかく明瞭明晰です。難解をもって知られる「中論」が驚くほどの切れ味をもって解体されていきます。「中論」の論理展開は説一切有部への反論を目的の一つとしていることが理解できれば、あとは流れるように読み進めることが出来るかと。
    俗に流れず、あくまで原典にあたりながら「中論」を解説していく業前は卓抜した仏教学者ならではでしょう。
    唯名論との類似性、および差異も興味深いですね。
    頭の中がすっきりと整理される感覚を味わいました。お勧めです。

  • 釈迦の入滅700年後、仏教中興の祖・龍樹(ナーガールジュナ)は、
    空(くう)の思想を「中論」により体系的に理論づけた。

    本書は、仏教研究第一人者である中村元さんが「中論」を、
    明快、かつ分かりやすく解説している。


    龍樹は大乗仏教八宗の祖とも呼ばれるが、
    空とは縁起より派生した概念であるため大乗や部派の宗派を超え、
    仏教の根底で共有するべき教えだと、本書を通じ感じた。


    縁起=空=無常=非我

    釈迦の思想の深遠さを本書で味わうのも面白い。

  • 難しいところもありますが、空等も解りやすく、中観の立場もわかりやすく書かれてあります。
    必読書です。

著者プロフィール

水族館プロデューサー(R)。1956年三重県生まれ。鳥羽水族館を副館長で辞職し独立。新江の島水族館、サンシャイン水族館、北の大地の水族館のリニューアル、広島マリホ水族館新設などを手がけ、利用者起点のマーケティング理念と、斬新な「水塊」展示の開発により、いずれも奇跡的な集客増を成功させた。韓国および中国で手がけた水族館に加え、基本構想のみのプロデュースなどを合わせると10館以上をプロデュース。2019年現在国内の複数の水族館においてアドバイザーを務めるとともに、新たな水族館プロデュースに取りかかっている。北里大学の学芸員コースで展示学、東京コミュニケーションアート専門学校で名誉教育顧問として講義。著書は20冊を超え、近著に『水族館哲学 人生が変わる30館』(文春文庫)、『常識はずれの増客術』(講談社)など。


「2019年 『全館訪問取材 中村元の全国水族館ガイド 125』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中村元の作品

ツイートする