チベットのモーツァルト (講談社学術文庫)

著者 :
  • 講談社
3.36
  • (13)
  • (23)
  • (57)
  • (8)
  • (2)
本棚登録 : 337
レビュー : 26
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061595910

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 二項対立というものが持つ胡散臭さがどうにも気に食わんくて、
    「この世」と「あの世」の間に「その世」とかを導入したらどうか、
    なぞと考えていたんだけれど、
    この本を読んでなんとなく見えてきたような気がする。
    (気がするだけのような気もひしひしと感じはする)

    境界が発生する前の渾沌を保つ。
    天使が男女の両方であり同時に両方でないように。
    けれども、言葉はなにもかもを分節してしまう。
    だからたぶん言葉が概念を創る手前で留まる、
    あるいは意味が生成される手前で横すべりし続けることが必要になる。
    それは本書でいうところの「意味の微分=差異化」ってこと。
    「点」という存在しない空間(0次元)に居座るってこと。

    う~ん、
    自分で書いててよく分からん。

    つうかこのテクストは誰向けなのだろう。
    なんだか難し過ぎて、かなり踏み込まないと意味すら分からなかったのだが。
    そのため読む時間は普段の3倍くらい掛かったと思う。
    とはいえ、理解できたとは到底言い難く、甚だ悔しいのである。

  • 意識の深部を 著者と一緒に探検しているような本。映画「マトリックス」のように 現実の多層性を感じながら、ミクロの世界で 意識の深部には何があるのか探検している。宇宙のような無限性も感じる

    「極楽論」の章は、生存と非生存の間(あわい)にある 無限の 天国、浄土を 横断している。点としての 天使、極楽浄土の音楽を感じながら

    「病のゼロロジック」以後は 本のテーマから少し外れるが、聴きなれない哲学用語も少なく 読みやすいし、面白い

  • 私たちが考える「意識」よりずっと高次元にある、深遠で微妙な「意識」。その状態に自分を持って行くことができれば、日常の「現実」とは全く異なる高次の「現実」を体験することになるという(いわゆるトランス状態)。

    イスラーム神秘主義やヒンドゥー教の本、あるいは心理学の本などを読んでいると、しばしばこのような境地について語られるのに出くわす。そういう神秘的な心の状態について、とても興味はあるものの、やはり自分とは遠い世界の話のように思ってきた。

    しかし、自らチベットで修行をした経験のある中沢氏の描くそれは、圧倒的な臨場感と迫力に満ちていて、説得力がある。とはいえ、私の想像力をはるかに超えたもので、そういう意識の状態にある時どんな感じがするのか、見当もつかないけれど。

    本書で中沢氏は、神秘的な高次の意識や、それを通して見る現実のありようを、哲学の言葉で語ることを試みている。本書を読んで、私にとって想像することがむずかしい境地について、考えてみるための指針のようなものが与えられたような気がする。

  • 本書のキーワードを一つあげるなら「間(あわい)」ということになろうか。存在と非存在の間。男と女の間。発話と沈黙の間。意味形成性の間。──その微妙なあわい、空性をすり抜けて、意識の自然、大いなる歓び、大楽に辿り着かん。……こうして無理矢理要約するとまるで妖しげなカルト宗教書のようだが、本書はジュリア・クリステヴァを軸にポスト構造主義思想とタントラ密教の教えを互いが互いの添え木となるようパラレルに展開しながら、現代社会が繰り出す足枷をすり抜けて真に自由に今を生きる知恵を提示しようと試みる。浅田彰が『構造と力』や『逃走論』で「クラインの壺型社会」からの「スキゾフレニックな」「逃走」という極めて抽象的な表現に留めているこの手の現代思想の結論部分を、本書はより具体的に、時に過剰なほど微に入り細を穿って描写する。その描写があまりに細密かつ極彩色に彩られているが為にかえって置いてきぼり感を感じなくもないが、もともと「あわいをすり抜け」るなどということが幻覚すれすれの微妙なバランスの上にしか成り立たないであろう事を考慮すれば致し方あるまい。むしろそのスリリングな思考の過程やパースペクティブを楽しむべきだろう。改めてじっくり曼陀羅を眺めてみたくなった。

  • 中沢新一のチベット修行のお話しとか

  • 中沢新一の実質的デビュー作。
    カスタネダを紹介した本としても名高い。

  • すごーくおもしろい
    でもすごーくむつかしい
    社会学(?)の用語が満載で呪文のよう。
    日本語で書いてあるはずなのに
    ああもっと勉強しておけば良かった、、、

著者プロフィール

一九五〇年生まれ。東京大学大学院人文科学研究科修士課程修了。明治大学野生の科学研究所所長。思想家。著書に、『チベットのモーツァルト』『雪片曲線論』『森のバロック』『カイエ・ソバージュ』シリーズ『アースダイバー』シリーズ『野生の科学』ほか多数

「2019年 『レンマ学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

チベットのモーツァルト (講談社学術文庫)のその他の作品

中沢新一の作品

ツイートする