工藝の道 (講談社学術文庫)

著者 :
  • 講談社
3.64
  • (5)
  • (5)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 88
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061597242

作品紹介・あらすじ

伊賀の種壷、朝鮮の飯鉢、下手物にこそ美が存する。宗教学者から民藝研究家に転じた柳宗悦は、工藝美を提唱、全く新しい美の世界を切り拓き、衆目を驚かせた。健康の美、無心の美、他力の美、恩寵の美。工藝は奉仕の道、工藝において衆生は救いの世界に入る。宗教的表現を鏤め、熱く明快に工藝美を語る本書は、人々に深い感銘と強い衝撃を与えた柳美学出発の書である。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 民芸としての芸術
    使用の美

  • 用途なき世界に、工藝の世界はない。それは我々を助け、我々に仕えようとて働く身である。用途への奉仕、これが工藝の心である。

    美術は理想に迫れば迫るほど美しく、工藝は現実に交われば交わるほど美しい。

    美は用の現れである。用と美と結ばれるもの、これが工藝である。

    個性の沈黙、このことこそ器にとっていかにふさわしい心であろう。器は仕えようとする身ではないか。

    工藝とは、美術とは違って実用性と持っていなければならない。かつ、自然に従うものであらねばならない。

  • 社会システムと神仏とを工藝を媒介としながら融合する示唆多き一冊。

    民芸運動の基礎的理論として記した本書。工藝を通じて宗教的な「信」を求める記録。
    信と美とは、「唯一なるもの」の異なった面に過ぎない。

    工藝品、特に日用に使われる民藝(民衆的工藝)の中に顕われる美を見つめる。そこに個性を表さず、素直で無心に取り組んだ結果現れる「本質的な他力の美」を読み取る。

    利を追求する資本主義のもとで衰退する民藝に対し、本質的な社会システムへの返本を提示する。
    それは相互扶助・道徳的秩序・同胞愛をベースとした、中世的ギルド、「美と労働が結合する社会組織・協団」。大衆と美とが結ばれるとき美に充ちる地上の王国が目前に現れる。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1889~1961。東京帝国大学哲学科卒業。宗教哲学者、民藝運動の創始者。学習院高等科在学中、「白樺」同人となる。日本民藝館初代館長。「工藝」創刊。著書に『民藝四十年』『工藝文化』『美の法門』『茶と美』『工藝の道』『民藝とは何か』『蒐集物語』『南無阿弥陀仏』『美の法門』などがある。

「2015年 『手仕事の日本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

柳宗悦の作品

工藝の道 (講談社学術文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする