イタリア・ルネサンス再考 花の都とアルベルティ (講談社学術文庫)

著者 :
  • 講談社
3.45
  • (2)
  • (3)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 47
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (328ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061598157

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「借」(大学の図書館)。

    イタリア・ルネサンスの勉強に。
    読み易いし、説明もわかりやすい。
    アルベルティについても勉強できる。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1956年 愛知県豊橋市に生まれる
1983年 東京大学大学院人文科学研究科(西洋史学専攻)博士課程中退
現 在 東京大学大学院総合文化研究科教授、博士(文学)
著訳書 『ロマネスク世界論』(名古屋大学出版会、1999年)
    『ヨーロッパ中世の宗教運動』(名古屋大学出版会、2007年)
    『中世幻想世界への招待』(河出文庫、2012年)
    『公共善の彼方に』(名古屋大学出版会、2014年、フォスコ・マライーニ賞)
    『魔女と聖女』(増補版、ちくま学芸文庫、2015年)
    『フィレンツェ』(岩波新書、2018年)
    『原典 イタリア・ルネサンス人文主義』(監修、名古屋大学出版会、2010年)
    『原典 ルネサンス自然学』(上下、監修、名古屋大学出版会、2017年)
    ジャック・ルゴフ『中世の夢』(名古屋大学出版会、1992年)他多数

「2020年 『ヨーロッパ中世の想像界』 で使われていた紹介文から引用しています。」

池上俊一の作品

イタリア・ルネサンス再考 花の都とアルベルティ (講談社学術文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×