占領期 首相たちの新日本 (講談社学術文庫)

著者 :
  • 講談社
3.83
  • (5)
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 41
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061598256

作品紹介・あらすじ

敗戦二日後に誕生した東久邇内閣を皮切りとして、七年後の占領統治の終焉までに、幣原、吉田、片山、芦田、再び吉田と五人の首相、六代の内閣が生まれた。眼前には、非軍事化、民主化、食糧難、新憲法制定等、難問が山積する。占領という未曾有の難局、苛烈をきわめるGHQの指令のもとで、日本再生の重責を担った歴代首相たちの事績と人間像に迫る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 5人の首相、東久邇宮稔彦、幣原喜重郎、吉田茂、片山哲、芦田均の占領期における日本国家の維持と再生に立ち向かう姿が重厚に描かれていて読みごたえがありました。そして、恥ずかしながら、この書にて初めてポツダム宣言(現代語訳)を読みました。さすがに安倍首相はもう読んだでしょうね。それと、「天皇メッセージ」を沖縄の人々はどのように思っているのでしょうか。気になるところです。

  • 東久邇、幣原、吉田、片山、芦田各首相個人に焦点を置いた占領期政治史。時系列の史実を下敷きにしているが、通史というよりは反共保守主義的立場からの政局論兼リーダー論で、かなり主観的、恣意的。対象人物によって叙述に精粗の差がある(幣原の章が最もよく書けている)。

  • あまり焦点が当たることがない、東久邇宮、幣原、片山、芦田内閣と人となりについての記述が豊富で、その部分は新鮮。吉田に関しての記述については、高坂『宰相吉田茂』をかつて読んだこともあってか、あまり感じなかった。

全3件中 1 - 3件を表示

五百旗頭真の作品

ツイートする