アルチュセール全哲学 (講談社学術文庫)

著者 :
  • 講談社
3.38
  • (1)
  • (1)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 40
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061598393

作品紹介・あらすじ

「認識論的切断 coupure 'epist'emologique」とは何か。『マルクスのために』『資本論を読む』でマルクス研究を一新し、フーコー、デリダ、ブルデュー、ドゥルーズらを育てたルイ・アルチュセールは、精神的肉体的苦闘、あるいは自身の「認識論的切断」を経て、いかなる地平に到達したのか。その思想的全生涯をもれなく論じた、第一人者による決定版。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • [ 内容 ]
    「認識論的切断 coupure ´epist´emologique」とは何か。
    『マルクスのために』『資本論を読む』でマルクス研究を一新し、フーコー、デリダ、ブルデュー、ドゥルーズらを育てたルイ・アルチュセールは、精神的肉体的苦闘、あるいは自身の「認識論的切断」を経て、いかなる地平に到達したのか。
    その思想的全生涯をもれなく論じた、第一人者による決定版。

    [ 目次 ]
    プロローグ 破滅型の思想家
    第1章 学問への旅立ち
    第2章 内容と真空
    第3章 カトリシズムとマルクス主義
    第4章 重層的決定の概念
    第5章 徴候的読解
    第6章 理論的革命
    第7章 イデオロギーの理論
    第8章 偶然の唯物論に向けて

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • フランスマルクス主義哲学を代表するアルチュセールの思想について。難解だったが、真空という主題が興味深かった。

  • 「再生産について」を読んでいたのですが、分かりやすかった!と同時に新たな理解も得られて良かった。むしろ本書の言葉でしか理解してないです(笑

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1942年岐阜県に生まれる。1970年京都大学経済学部大学院博士課程修了。元東京経済大学教授。2007年歿。著書『交易する人間』(2000、講談社)『清沢満之と哲学』(2004、岩波書店)『抗争する人間』(2005、講談社)『マルクス入門』(2005、筑摩書房)。訳書 ブルデュ『実践感覚』全2巻(共訳、1988/1990、みすず書房、新装版2001、新装版2018)アルチュセール他『資本論を読む』全3巻(1997、筑摩書房)マルクス『資本論』第1巻(共訳、2005、筑摩書房)ほか。

「2018年 『実践感覚 新装版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

今村仁司の作品

ツイートする