生態と民俗 人と動植物の相渉譜 (講談社学術文庫)

著者 :
  • 講談社
3.78
  • (2)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (424ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061598737

作品紹介・あらすじ

食料や燃料を恵み、道行く際の標となり、また神の依り代となる樹。肉として薬として、あるいは害をなし、時に神の使者ともなる動物。人は自らをとりまく自然から何を享受し何を守ってきたのか。植物の活用と生命力への崇拝、動物との敵対とその霊性への畏怖。自然と相渉る人々の民俗事例と伝承を集め、培われてきた相利相生の思想の有効性を検証。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • [ 内容 ]
    食料や燃料を恵み、道行く際の標となり、また神の依り代となる樹。
    肉として薬として、あるいは害をなし、時に神の使者ともなる動物。
    人は自らをとりまく自然から何を享受し何を守ってきたのか。
    植物の活用と生命力への崇拝、動物との敵対とその霊性への畏怖。
    自然と相渉る人々の民俗事例と伝承を集め、培われてきた相利相生の思想の有効性を検証。

    [ 目次 ]
    神の山と人の山
    1 共生の民俗(人と燕の相渉;巨樹と神の森;クロマツの民俗;アマカツの民俗)
    2 共存の葛藤―ディレンマの動物誌(ハブの両義性;鹿;猿;鼠;蛙;狼;鮫)
    3 資源保全と再生の民俗(曲物師と木地屋;山椒魚の谷;「旬」の思想;再生と民俗)
    4 伝説・昔話の環境論(伝説と環境思想;鮭の大助―資源保全と種の保存;浦島太郎;桃太郎;花咲爺;猿蟹合戦)

    [ 問題提起 ]


    [ 結論 ]


    [ コメント ]


    [ 読了した日 ]

  • 民俗学

    我々の生活にはあらゆるところで、脈々と受け継がれる風習がしみ込んでいる。それは各地域ごとに違うこともあれば、不思議と遠く離れた地域で同じような文化が受け継がれていることもある。
    本書は動植物と我々とのつながり、自然から何を享受し、我々の生活にどう結びついているかを、市井の人々から聞いた話をまとめ、考察している。実に地道な、丁寧な本である。

    受け継がれている民間の伝承が消えていっている今、このような本が多く残されるのを希望したい。

    タイトルとなっている「相渉」という言葉は造語であるそうだが、実にぴったりと当てはまっている。

  • 事例が豊富であり、なおかつ非常に読みやすいので、描かれている世界にグングン引き込まれる。しかし、野本作品にありがちな、全国各地の事例を無秩序に紹介しているので読みながら頭の中を整理するのが大変であるし、「観念」的な研究をする同業者に謁を入れている割には、民俗例を古代の世界に半ば無理矢理結び付けるなど(それはお前の不勉強、と言われそうだが)、読みながら不満に感じた。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

【野本寛一・編】  1937年静岡県生まれ。近畿大学名誉教授。著書に『焼畑民俗文化論』(雄山閣)、『生態民俗学序説』(白水社)、『熊野山海民俗考』(人文書院)、『山地母源論1 日向山峡のムラから』(岩田書院)、『生態と民俗』『神と自然の景観論』(講談社学術文庫)、『栃と餅』(岩波書店)、『自然災害と民俗』(森話社)、『食の民俗事典』(編著、柊風舎)ほか。

「2013年 『日本の心を伝える 年中行事事典』 で使われていた紹介文から引用しています。」

野本寛一の作品

ツイートする