芭蕉二つの顔 俗人と俳聖と (講談社学術文庫)

著者 :
  • 講談社
3.60
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061598928

作品紹介・あらすじ

俗世を捨て数珠を携えておくのほそ道を旅する晩年の姿。対照的に青壮年時代には算勘の心得を武器に処世に長け、伊達を好んだらしい芭蕉。伊賀上野の生まれ、二九歳で江戸に出、四一歳以降は旅に過ごす。このわずかな伝記的事実の間に残された空白の時代、芭蕉は何を生業とし、どんな交友関係を結んでいたのか。前半生の謎に切り込む画期的な論考。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 松尾芭蕉が俳人として有名になる前の空白の40年間に焦点を当てて解き明かしていくという内容だと思って手にしたが、作者の持論展開って感じだった。どちらかというと俗人松尾芭蕉メインだったので、読み終わった後やっぱり自分は俳聖松尾芭蕉が好きなんだなと実感した。

全1件中 1 - 1件を表示

芭蕉二つの顔 俗人と俳聖と (講談社学術文庫)のその他の作品

田中善信の作品

ツイートする