あさきゆめみし―源氏物語 (6) (講談社コミックスミミ (057巻))

著者 :
  • 講談社
3.68
  • (23)
  • (12)
  • (44)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 229
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (211ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061700574

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 内容紹介(amazon)
    恋多きゆえに美しいのか、美しさゆえに恋するのか……。女性たちの至上の愛を身にまとう光源氏の生きざまは、百花繚乱の夢にも似て──。

    コミック: 211ページ
    出版社: 講談社 (1985/11)

  • GWで姉貴の蔵書を少しずつ。
    夕霧と雲居の雁の関係と玉鬘の登場が中心の巻。
    親父の息子は同じ血が流れているなって夕霧には感じる。

  • 一線を越えない緊張感。若い世代への連鎖。囲う源氏の回でした。

  • 【M】

  • 言わずと知れた名作中の名作。少女漫画という手法を用いた『源氏物語』の入門書であり解説書です。『源氏物語』のことを全然理解していなかった僕も、本書のおかげで少しは理解できるようになりました。ただし、今だに登場人物の区別が大変…。光源氏の殿上人っぷりが凄まじいです。

    高校受験や大学受験の際、古文のお供になっていた人も多いでしょう。今年はちょうど連載開始から30周年です。

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

1948年札幌市生まれ。66年に『どろぼう天使』で「週刊少女フレンド」よりデビュー。    77年『はいからさんが通る』で第1回講談社漫画賞少女部門受賞。代表作に『あさきゆめみし』『N.Y.小町』『ヨコハマ物語』ほか。現在「BE・LOVE」にて『イシュタルの娘』を連載中。    2016年に画業50周年を迎えた。

「2018年 『小説 劇場版 はいからさんが通る 後編 ~花の東京大ロマン~』 で使われていた紹介文から引用しています。」

大和和紀の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする