ゴーストハント(2) (講談社コミックスなかよし)

著者 :
制作 : 小野 不由美 
  • 講談社
3.60
  • (65)
  • (41)
  • (175)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 652
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・マンガ (183ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061789128

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ゴーストハントと出会ったのはここからでした。これ読んで以来人形見るのも駄目になった。

  • 人形と館の話

    番外編は文庫版1巻に収録されたやつだ

  • 人形が怖くなる2巻でした。私の家にミニーみたいなああいう外国の人形がないのが幸い。燃やしても燃えないって気味悪すぎる。番外編は憑かれた真砂子が気の毒ですねー(笑)何も覚えてないのが救いかも。それにしても真砂子はどんな弱味握ってるんだろ。

  • 「渋谷サイキック・リサーチ」でバイトすることになった麻衣。
    前回の事件に関わったメンバーたちも一緒に、古い洋館で起こる怪事件の調査を始めるが、カーペットに乗ったままの状態で家具がさかさまになるという人間の力では不可能な現象が起こり…。

    絵になるとさらに恐さが増してる漫画版。
    先に単行本版を読んでいて、事件の内容分かってても、床の穴から幽霊が出てくるシーンはもう…もう恐すぎ!!

    そして漫画版ならではの番外編収録がファンとしては大変嬉しく!
    ぼーさんと麻衣のカップリングは私にはヤバ過ぎた!(笑)
    「オトナの魅力にクラクラすんだろ」って!!(笑)
    あと真砂子に憑いちゃったのがまた面白かった。だって真砂子のあの顔であんなこと言われたらねえ(笑)
    最後に綾子とジョンの意外なカップリングにもやられました。結構お似合いかも(笑)
    こういうのどんどんやってほしいな!

  • 人形の家。番外編は公園の怪談。

  • いなだ詩穂/小野不由美

  • 再読中。「人形の家」編は、伏線が綺麗に収束する名小品だなー。

  • 購入済み

  • あばばばばばミニー怖いよミニー。井戸とかマジ怖いし。
    ぼーさん大好きだ!!!
    (2006.12.4 第20刷)

  • ナルが好きなんです・・・・

全20件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

10月17日、てんびん座生まれ。B型。神奈川県出身。『カムフラージュ』で1994年にデビュー。代表作は『ゴーストハント』『悪夢の棲む家 ゴーストハント』。

「2016年 『悪夢の棲む家 ゴーストハント(3)<完>』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ゴーストハント(2) (講談社コミックスなかよし)のその他の作品

いなだ詩穂の作品

ツイートする