十二宮でつかまえて 1 (講談社コミックスなかよし)

著者 :
  • 講談社
3.55
  • (11)
  • (7)
  • (27)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 109
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (172ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061789777

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • りりちゃんは中学生の占い師さん。でも夜はお母さんの残してくれたスターリングの指輪を使って事件を解決する名探偵スピカに変身します!

    かわいらしい、個性的な精霊たちもたくさん登場して本当にかわいいお話です。
    2巻からはただかわいいだけじゃなく、ハラハラな事件も起きます。
    私が一番好きなのはシリウスとの対決です。

    連載されていた時は早く次の月にならないかと待ち遠しかったです。

  • 星座にまつわる物語(だったはず)。きちんと恋愛要素もあります。当時小学生だった私には少しだけ大人な感じがした漫画でした(笑) でも、ファンタジー要素(ちょっとした推理)ばっちしな少女漫画だったので面白かった記憶があります。

  • 話自体はまぁまぁ普通に面白かったのですが、とにかく絵が好きでした。男の子もかっこよかった…(´ω`*)

  • 全部で四巻しし座可愛かった…vv

  • 安藤さんで一番好きな漫画。

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

1月27日生まれの、みずがめ座。愛知県出身。1994年、第19回なかよし新人まんが賞で入選、デビュー。受賞作は、『いじっぱりなシンデレラ』。代表作は『十二宮(じゅうにきゅう)でつかまえて』『ワイルドだもん』『キッチンのお姫さま』『ARISA』など。趣味は、本を読むこと、映画を見ること、おいしいものを食べること。

「2014年 『涙100万粒のリアル いじめはそこにある。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

十二宮でつかまえて 1 (講談社コミックスなかよし)のその他の作品

安藤なつみの作品

ツイートする