Bーウォンテッド 6 (講談社コミックスなかよし)

著者 :
  • 講談社
3.58
  • (12)
  • (12)
  • (35)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 115
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・マンガ
  • / ISBN・EAN: 9784061789869

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 素敵な男のコと素敵な恋をする!誓いを胸に中学校の門をくぐった真城沙生(すなお)だったが、入った中学校の男子は揃いもそろって××で……。そんな時出会ったのが繊細で優しそうな藍田透と、明るく茶目っ気のある馳馬薫のふたり。ふたりの美貌につられるまま奇術部に入った沙生だが、なんとふたりは泥棒で……。

    全巻購入→売却

  • 最終巻。当時から「透派と薫どっちが好み?」なんて会話が私の周りにありましたが、私が応援していた方と沙生ちゃんがくっついてくれたことに当時本当に喜んだのを覚えています。

    最後の書き下ろし『恋乞うて』、「これがあって初めてBウォン完結」というコミックスでのえぬえ先生の言葉がありましたがまさにその通りだと思います。この巻で、しかも本編が終わった後に読むこのお話はきゅんというよりは胸がきゅ~っと締め付けられる感覚になります。

  • なかよしっこ時代の大好きだった一冊。

  • えぬえ先生今は何処へ。←
    最後までどっちのキャラとくっつくかわからなくてヤキモキさせてくれた作品。

  • 最後のなんともいえない感はしょうがないとして。全体的には素晴らしい作品だったかと。

  • 大正時代の「B」が残した宝の鍵を集めるために泥棒をする三人。この中で動く三人の気持ち(三角関係)が切なくて、面白いです。  

全8件中 1 - 8件を表示

えぬえけいの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする