• Amazon.co.jp ・本 (206ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061812123

著者プロフィール

1932年東京生まれ。鹿児島県立伊集院高等学校中退。長崎で炭鉱労働者として働くなど様々な職につく。1964年に『文藝首都』の同人となり、66年に「玩具の花」を『新潮』に発表。67年には「マイ・カアニヴァル」で芥川賞候補、69年には「花を掲げて」が直木賞候補となる。74年「寝台の方舟」で小説現代新人賞を受賞し、その後は官能小説を執筆し、小説誌を中心に精力的に発表した。2006年に発表した『小説家』は初の私小説として話題に。
近刊に『おとなの童話 おかしなことに』『死支度』(講談社)『あしあと』(文藝春秋)『秘事』(光文社)などがある。

「2016年 『ある殺人者の回想』 で使われていた紹介文から引用しています。」

勝目梓の作品

殺し屋 (講談社ノベルス)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする