翼ある闇―メルカトル鮎最後の事件 (講談社ノベルス)

著者 :
  • 講談社
3.45
  • (24)
  • (34)
  • (93)
  • (8)
  • (1)
  • 本棚登録 :297
  • レビュー :45
  • Amazon.co.jp ・本 (331ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061816930

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人気の高い作品ではあるが、残念ながら私には合わなかった。
    だが、デビュー作とは思えない、眼を見張る内容であったと思う。
    いつか続編に挑戦したい。

  • 最初は取っ付きづらい文章だったけど諦めずに最後まで読んでよかった。めちゃくちゃおもしろい。

  • 二転三転する推理劇と芝居のようなやり取りで進んでいく。しかし、最後の推理のやり合いはエンタメとして最高で、脳ミソをバチバチ刺激してくる。処女作ということもあってシリーズとしての整合性は低いのか、メルカトルがあんな推理を披露した理由がアレというのは、確かに悪徳かもしれないが悪徳探偵ではないよなあ、と思う。あと香月はよくあれで結婚できたな。

  • 京都近郊に建っているという設定の古城・蒼鴉城が舞台の物語です。
    本の裏に、「首なし死体、密室、蘇る死者、見立て殺人」と様々なミステリ要素が含まれている旨の説明があり、多くの死者・殺人が発生するため、物語としてのテンポは良く、個人的には中弛みを、あまり感じませんでした(終盤の探偵による密室トリック解明の件には、流石に唖然としましたが……)。
    踏み入った感想を書くと、どうしてもネタバレ・伏線に触れざるを得なくなってしまうので書けませんが、上述のように複数のミステリ要素に加え、二転三転する結末といった点から、面白い作品でした。
    この作者の作品は、これが初読であり、メルカトル鮎シリーズと銘打って複数作品があることを知っていたので、副題にある「メルカトル鮎最後の事件」が意味するところには「う~ん」という感じでした。

  • これは……最高に悪趣味。それに尽きます。

  • 頑張って読んだ。映画で見たい。メルカトル鮎は熊倉一雄で。

  • いやー…これは。色々すごい。ミステリとしてふんだんに詰め込んだというか。欺きの欺きの欺きみたいな感じ。ある人物が、ポーの「おまえが犯人だ」の「私」みたいな狂気がある。暗黒館の殺人と雰囲気が似てる。生首演出は今まで読んだミステリの中でも格段悪趣味(いい意味で)。っていうかメルカトル…

  • さして厚い本ではないにも関わらず、とにかく人が死ぬ。連続殺人にしてもあんまりだ、と言いたくなるほどに被害者が続出する。
    そしてそれに伴い、探偵が導き出す答えも二転三転。むしろ探偵役すらも二転三転するというとんでもないお話です。
    結局登場人物の誰も彼もが「ある人物」の掌の上で踊らされるような形になるのだけども、その人の正体を許せるかどうかは人を選ぶかも。正直反則スレスレに思える。私は好きだけど。
    著者のデビュー作であり、デビュー作でこれかよ!(色んな意味で)と言われているこの一冊。読みづらいという訳ではないが、癖は強い。ハマる人はとことんハマれる筈。

  • 読み手を選ぶ。
    色々な意味で凄い作品。
    メルカトルシリーズ一作目にして「最後」・・・

    純粋な推理小説に詳しい人なら、きっと
    「なるほど、この手法は・・」とか
    「くぅ、こうきたか!」とか、楽しめるのではないだろうか?

    有名な作家たちが帯にコメントを寄せている事もそうだけど、
    デビュー作で、これは凄い。
    しかも、当時21歳だとは、ほんとに驚きだ。

  •  再読。
     麻耶くんの話はややこしいので一読ではなかなか理解できない。機会があったらいつかもう一度読もうと思って、ようやくそれを達成。
     やっぱり面白いなぁ。何が面白いのか具体的に書くとネタバレになっちゃうから書かないけど。
     探偵能力、メルカトルと木更津って同程度っぽいな、これ読むと。や、むしろ木更津の方が上か。
     雰囲気ばっちりの城に、連続で起こる殺人。しかも密室だったり、首切られてたり、何かの見立てだったり。これでもかって「本格」をぶち込んでる。
     途中で怒って投げちゃ駄目。最後まで読まないと。
     以下反転。
     副題が「メルカトル鮎最後の事件」だからねー。殺されてるってことは木更津より探偵能力が下か。
     ただ、首が切られた後別の人の首と入れ替わって、それでも尚生きていられる可能性ってほんとにあるのか? や、別になくてもいいけど。それを真面目にお話する木更津がちょっとかわいい。
     とりあえず、香月くん最強ってことで。
     抜粋。
    「愛あるかぎり戦いましょう。命、燃えつきるまで」
     メルカトル、いいよなぁ。

    04.07.19

全45件中 1 - 10件を表示

翼ある闇―メルカトル鮎最後の事件 (講談社ノベルス)のその他の作品

麻耶雄嵩の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

翼ある闇―メルカトル鮎最後の事件 (講談社ノベルス)に関連するまとめ

翼ある闇―メルカトル鮎最後の事件 (講談社ノベルス)を本棚に登録しているひと

ツイートする