姑獲鳥の夏 (講談社ノベルス)

著者 :
  • 講談社
3.78
  • (719)
  • (551)
  • (1172)
  • (25)
  • (13)
本棚登録 : 4224
レビュー : 610
  • Amazon.co.jp ・本 (430ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061817982

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 文章がページを跨がないように
    コダワリを持ってレイアウトをしている、
    そんな前情報をテレビでたまたま入手した後、
    借りて読んだ本。

    起承転結
    【起】
    入り込むのにすごく時間がかかった。
    読んでは閉じ。閉じては読み。

    【承・転】
    面白くて面白くて。一気読み。
    ああ、また好きな作家が増えた。
    と嬉しくなった。

    【結】
    一言で言うと、「読んでいた時間を返して」

    そんな結末だった。
    個人的には「お粗末」と思うような。
    空笑いするような、なんとも言えない結末。
    ありえないだろ、と脱力するような。

    なぜ、この作品にたくさんのファンがいて、人気があるのか、
    私には正直理解が出来なかった。

    入り口は慣れない文(作家の癖があるからね。)で進まないのはわかる。
    中盤、ものすごくおもしろくてハマったのに
    最後に裏切られた。

    そんな感じ。

    二度と京極氏の本は読むまい、と思ったほど、最後にがっかりした。
    (事実、その後借りていた本も読まずに返却した)

  • 著者にしては薄い本なのだろうけど、テンション持続しなかった。オチが見えた。

  • 友達に勧められて読んだけど、ページ数が長い長い!!

    途中からしんどくなったし、それから京極夏彦の作品は読んでへん・・・。

  • 作者はイロイロな分野の知識をひけらかして喜んでいるが、オチが「憑き物」なんだもんねぇ。

    不思議な事はなにもない、だそうですが。

    せいぜい、気取っていてくれぃ!京極君、でした。

  • マジコワ。宮ちゃんはクールな刑事

  • 呉軍師の知能レベルはついてゆけなかった(惨敗)薀蓄が難しすぎてさっぱり理解できない。

著者プロフィール

京極 夏彦(きょうごく なつひこ)
1963年、北海道小樽市生まれ。小説家としてだけでなく、世界妖怪協会・世界妖怪会議評議員(肝煎)など妖怪研究家であり、他にも装幀家、アートディレクター、俳優など様々な顔を持つ。
広告代理店を経てデザイン会社を設立。1994年、そこで暇つぶしに書いた『姑獲鳥の夏』を講談社に送ったところ極めて評価を受け、同年、即出版・デビューに至る。瞬く間に執筆依頼が殺到する人気作家に上り詰めた。
1996年に『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、1997年『嗤う伊右衛門』で第25回泉鏡花文学賞、2002年『覘き小平次』で第16回山本周五郎賞、2004年『後巷説百物語』で第130回直木三十五賞、2011年『西巷説百物語』で第24回柴田錬三郎賞など、数多くの受賞歴がある。
代表作に「百鬼夜行シリーズ」「巷説百物語シリーズ」「豆腐小僧シリーズ」など。

京極夏彦の作品

ツイートする