魍魎の匣 (講談社ノベルス)

著者 :
  • 講談社
3.89
  • (757)
  • (412)
  • (961)
  • (21)
  • (0)
本棚登録 : 3912
レビュー : 419
  • Amazon.co.jp ・本 (684ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061818125

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 帯表
    本年度
    日本推理作家協会賞
    受賞作!!
    その超絶なる小説世界!

  • 「「それはそうだろうよ。幸せになることは簡単なことなんだ」京極堂が遠くを見た。「人を辞めてしまえばいいのさ」」

    さすが!!!
    こ、、、怖いーーーー!!!!!!
    相変わらず、妖怪とかそういうのは全然出てこないのに、匣に入っている様子を想像しただけで、物凄くゾクッと来る。
    人の想像力を掻き立てて、そして、そこには怖いものがある。
    といった様子でしょうか。

    途中の薀蓄は、あうあうするほど苦しい部分もありつつ、
    読まずにはいられない京極マジック。
    一生懸命読んでしまいました。
    とにかく、一体どうなるのか?
    不思議なことなど、あるようでなくって、ないようであって、、、
    怖かった・・・
    シリーズ最高傑作(?)の呼び声にも納得です。

    相変わらず関口の勘の鈍さに少々苛々させてもらって、
    熱すぎる木野さんに少々引いて、
    榎木津の破天荒っぷりに笑わさせられて、
    京極堂にまとめられました・・・。

    そしてやっぱり京極堂が著者とかぶりまくり。。。

    トリックは、そうじゃないかなー。
    多分この人かかわってるんじゃないかなーみたいに
    案外早々と分かったものの、、、
    いやしかし、あの時点でまだ・・・
    というのは、やっぱり京極ワールドなのだ。

    あぁ、、、青木くんがかわいそう。
    もう一生忘れられないんだろうなぁ。
    という普通の人に思いを馳せた1冊でした。
    面白かったー!!!
    しかし、相変わらず厚いっ!!!

    【12/22読了・初読・友人蔵書】

  • もうみっしり。久保。

  • 匣の中には綺麗な娘がぴったり入ってゐた。箱を祀る奇妙な霊能者。箱詰めにされた少女達の四肢。そして巨大な箱型の建物―箱を巡る虚妄が美少女転落事件とバラバラ殺人を結ぶ。探偵・榎木津、文士・関口、刑事・木場らがみな事件に関わり京極堂の元へ。果たして憑物は落とせるのか!?

  • 恐くて奇麗で奇妙な感覚

  • 前作はそれほどでもなかったのですが、こちらを読んでこのシリーズにはまりました。
    京極作品で一番好きです。

  • みっしり。京極夏彦の表現方法が大好きだ。
    ほぅ。京極夏彦の独特の世界観に足を踏み入れると…抜け出せなくなる。特に、この作品はそれが色濃い気がしてならない。刹那と永遠。相反するものを共存させる。そこが憎い。魅力的な登場人物も、また話を引き立たせる要因。シリーズの中で一番好きな作品。

  • 分厚くて読みにくい、が一番の感想。
    持ち運んで外出先で本を読むのでこの分厚さは鞄に収まりきらなかったり重かったりで困った。

    内容は…一人を除いて皆不幸になるという何だかなぁ…な話。
    その一人も一般的に正常と言われる区域を乗り越えて幸せを得ているので全体的に報われない感。

  • もっと集中して読まないといけない作品でした…。いつか読みなおさねば。「幸せになることは簡単なことなんだ」「人を辞めてしまえばいいのさ」。

  • 俺はこの本に出会って3年留学した
    引き篭もり必見
    2ch見るよか100倍おもしろい

    (九工大 学部生)

全419件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

京極 夏彦(きょうごく なつひこ)
1963年、北海道小樽市生まれ。小説家としてだけでなく、世界妖怪協会・世界妖怪会議評議員(肝煎)など妖怪研究家であり、他にも装幀家、アートディレクター、俳優など様々な顔を持つ。
広告代理店を経てデザイン会社を設立。1994年、そこで暇つぶしに書いた『姑獲鳥の夏』を講談社に送ったところ極めて評価を受け、同年、即出版・デビューに至る。瞬く間に執筆依頼が殺到する人気作家に上り詰めた。
1996年に『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、1997年『嗤う伊右衛門』で第25回泉鏡花文学賞、2002年『覘き小平次』で第16回山本周五郎賞、2004年『後巷説百物語』で第130回直木三十五賞、2011年『西巷説百物語』で第24回柴田錬三郎賞など、数多くの受賞歴がある。
代表作に「百鬼夜行シリーズ」「巷説百物語シリーズ」「豆腐小僧シリーズ」など。

魍魎の匣 (講談社ノベルス)のその他の作品

京極夏彦の作品

ツイートする