スウェーデン館の謎 (講談社ノベルス)

著者 :
  • 講談社
3.32
  • (22)
  • (48)
  • (205)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 508
レビュー : 52
  • Amazon.co.jp ・本 (274ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061818521

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 国名シリーズ第2弾。

    この火村・アリスシリーズは、私は萌えませんが一般的にキャラ萌え小説だと思っていて、二次も読むのでそういった目線で見てしまいます。
    「アリスシリーズは本格推理小説だ!」「キャラ萌え・腐女子キメェwww」と思う皆さまはここでバックプリーズ。


    助手が一人称の推理小説は、語り手がそこそこ愚鈍でないと面白くない。そうは思うがアリスは割とその辺を超えていると思う。
    二次の美人さんでかわいこちゃんなアリスなら、まァ間抜けでも許されるが、実際の成人男性がこれはどうよ。
    あと、私は基本的に、原作にBL萌えしない派(原作にBL萌えした誰かが作った二次には萌える派)(ややこしい)なので、原作なのに無駄にBLアンテナに引っ掛かってくるヒムアリ描写が少しイライラします。
    これを本格推理小説として読む、そもそもBLアンテナを持たない読者の方々には、アレコレの描写は全く気にならないんだろうか。
    BLアンテナを電波OFFにして読んでみたいわ。そんな器用な人間に、私はなりたい。


    ヒムアリ以外の話をすると、たらしリュウの台詞が気に食わない!
    「今の妻とは、息子の母親だから一緒にいるんであって、自分の妻としてなら、つまりセックスをするなら別の誰かでも構わないんだ」
    と言っているように聞こえる!あれ?また被害妄想??


    えぇっと。推理小説のトリックとしては、オチから考えて、それが成立するように偶然を重ねて作った感じで、スッキリしませんでした。ごめんなさい。

  • 国名シリーズ第2作。
    招かれたログハウスで起こった殺人事件解決のために、わざわざ京都から友人:火村を呼ぶアリスはすごい。ログハウス、福島県にあるのに。個人的にはトリックが奇抜だな〜と思った。

  • 長編。前半には探偵役の火村が登場せず、作中人物である有栖川が活躍する。有栖川ファンには嬉しい展開。

    裏磐梯にひっそりと立つログハウス、その離れで発見される一体の死体。ところが、雪に覆われた地面には被害者と発見者の足跡しか残されていない。前日にログハウスに招待されていた有栖川は否応なく事件に巻き込まれていく…

    物語の最大の謎は雪に残された足跡のトリックなのですが、ちょっと無理があるように思えました。本当にそんなことがあり得るのか考えにくいほど、偶然と幸運にトリックが支えられているような気がします。火村−有栖川シリーズは短編の方がよくできているなぁ。


  • 取材旅行で裏磐梯のペンションを訪れたアリス。オーナーから、隣にスウェーデン館と呼ばれ有名なログハウスがあることを知り、主人である童話作家の乙川リュウに紹介される。ログハウスに珍客として歓待されたアリスだが、その夜館で一人の客が殺害された。その事件には、足跡が足らないという大きな謎があった。乙川のスウェーデンの妻ヴェロニカの憂いをはらすため、アリスは巻き込まれた一員として事件の捜査に乗り出すが……。

    なんだか切なく、じっとりとした長編だった。ネタ的には長編ぽくないような気がするけど、その分人間模様がよかった。

  •  なぜか意外と読むのに時間がかかった。
     等々力さんが出したパズル、私も全然分からんかった…。

  • ああ、これは切ないよなぁ。
    もしも、という要素が
    あって欲しい作品でしたね。
    ある人が「ある要素」さえ持っていれば
    全ての諸悪の根源はなかったし、
    痛ましい事件さえ起きなかったわけで。

    まあ、もしかしたらわかるかもしれませんが
    やたらたてつく人間がいるので
    そこに「もしかして?」を見出せるかもしれません。
    謎さえ解けなくてもね。
    まあ、その予想はあたりです。

    あと罠の表現も出てきますが
    某それが本当だった作品とは違い
    それは途中で打ち消されますので
    ご安心を。

    さすがの火村も
    この事件に関しては言葉を
    つぐんでいます。
    仕方ないよね。
    あまりにも救いがなさ過ぎました。

    解決しても
    そこに爽快感は、ない。

  • 国名シリーズ2。短編集?と開いたら長編だった。
    なんだかなぁって感じしかしない話だけど、大地少年が生来の明るさを取り戻せたことだけが救いだった。

  • 国名シリーズ2作目。やはり長編のほうがいいとは思うが、トリック等は今一つ。久しぶりに本家を読み返してみようかなと思った。

  • 心象部分(にくい恋敵の子供が池に落ちたのを助けず、見殺しにする)はよくわかったけども。
    肝心の推理部分はさっぱり……。
    これは、何回か読み返して、紙に書く方がわかりやすいのかな。

  • 国名シリーズ二作目。正統派とか王道といった言葉が相応しい内容なので、安心して読み進めることができました。些細な手掛かりから論理的に謎を解明していく場面は、見事で感心させられます。

全52件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

有栖川 有栖(ありすがわ ありす)
1959年、大阪市東住吉区生まれの小説家・推理作家。有栖川有栖・創作塾の塾長。
同志社大学法学部法律学科卒業後に書店へ就職。それまでも学生時代から新人賞や雑誌への投稿を繰り返していたが、1989年江戸川乱歩賞に投稿した『月光ゲーム Yの悲劇 '88』が東京創元社編集長の目に止まり、大幅に改稿した上で刊行し、単行本デビューとなった。1994年、書店を退職して作家専業となる。1996年、咲くやこの花賞(文芸その他部門)受賞。1999年から綾辻行人と共作でテレビ番組『安楽椅子探偵』シリーズ原作を担当する。
2003年、第56回日本推理作家協会賞(長編および連作短編集部門)を受賞した『マレー鉄道の謎』、2007年発表作で「本格ミステリ・ベスト10」で第1位、「週刊文春ミステリーベスト10」で第1位、「このミステリーがすごい!」で第3位、「黄金の本格ミステリー」に選出と高く評価された『女王国の城』など、多くの作品がミステリ賞で高く評価されている。
2000年11月より2005年6月まで、本格ミステリ作家クラブ初代会長を務める。

有栖川有栖の作品

ツイートする