鉄鼠の檻 (講談社ノベルス)

著者 :
  • 講談社
3.66
  • (418)
  • (329)
  • (952)
  • (22)
  • (3)
本棚登録 : 3224
レビュー : 295
  • Amazon.co.jp ・本 (826ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061818835

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今回は京極堂の活躍は最小限。
    禅についてのウンチクがたんまりなのでちょっと読むのが大変。
    劇中の坊主や警察が抱える問題を乗り越える様が見物!
    相変わらずの怒涛の言葉によるマジックが魅力的。
    ただ、場面の切り替わるとテンションが落ち着く。いつもこんな感じだと思う。

  • んもー、相変わらず長いよ!
    とツッコミたくなる。
    文庫本なのに半端なく重い……。

    今回は禅が絡んできます。
    が、しかしややこしい。
    「禅はね、特に難しいよ関口君。」と、あの京極堂さえ言うほど。


    と毎回毎回、読むたびに挫折しかけますがまた読みたくなるのが、京極先生マジック。
    最後の終わり方がいつもスッゴク好みなんだもん。

  • 面白い。禅問答に唸らされ、京極堂の登場にゾクゾクする。

  • 閉鎖された「寺」という舞台設定の勝利。そこで展開される、いわゆる異世界のロジックに凄みがある。動機や見立ての必然性に説得力あり。

  • 京極先生の作品の中で一番好きな作品です。

    「一休さん」以来の禅宗の作品。
    理解が深まりましたv

    あの限りなく立方体に近い本をw、何回も読みなおせる作品です。

  • 面白かった!

    題材は近親相姦とか同性愛とかちょっとドギツかったけど、今回は憑き物落としのシーンもスッキリまとまってて、謎が謎を読んでたけど理解しやすくてスッキリ。
    推理も立てやすくて途中で飽きることがなかった。
    スピード感も抜群!
    読後感は最高でした。
    雪の描写が綺麗だったからかな。
    まさかの菅野と久遠寺の父が再登場。
    ここで姑獲鳥の夏と繫がってくるとは…

    とにかく心に残るシーンが多かった。
    まず関口夫妻と京極堂夫妻が箱根旅行とか!!前回の陰鬱な雰囲気を吹っ飛ばすね。夫婦仲良きことはいいことだ~!
    あと憑き物落としに向かう京極道と榎木津がカッコ良すぎたなー。
    ラスト京極堂の隣に並ぶ関口も良かった。
    三人の人間関係が垣間見えた気がしました。
    京極堂が弱ってたりぞっとしたり「憎い」とか言ってみたり…中禅寺ファンにはたまりませんでした(笑)

    鈴さんがお兄さんに自分の正体を告げるときは涙が滲みました…小説であの表現力というか、切迫感とか緊張感とかもう凄い!!

    感激しました。

  • これが一番面白いと言う人もいますが、自分はいまいちでした。

    禅問答がちょっとうざく感じました。

  • 今回も凄いです!!

    何が凄いって、830ページです。
    それで上下段ですんで、事件ですね。

    でタイトルの通り、「この手で持つには重すぎる」ので、
    電車とか、カフェとかで無く、
    どっかに持ってくのには向きません。

    片手で持つと疲れます。

    もはや家で読みましょう。

    事件は、「お坊さんの事件」です。

    京極さんが仏教とかに異常に詳しいんで、細かく書かれてます。

    「禅と瞑想は海外では同義として訳されるが、
    意味は全然違うんだよ」
    とか色々な教養の宝庫です。

    仏教に興味無い人には辛いかもしれませんね。

    京極堂シリーズにしては珍しく、犯人、トリック予想可能です。
    動機は仏教の禅に相当詳しく無いと厳しいかな。

    終わり方がとても好きです。

    過去の登場人物が細々出て来ます。
    次の「絡新婦の理(じょろうぐものことわり)」は今までの人が相当出てくるらしいんで、
    忘れる前に読みましょう。

  • 箱根などを舞台とした作品です。

  • 忽然と出現した修行僧の屍、山中駆ける振袖の童女、埋没した「経蔵」……。箱根に起きる奇怪な事象に魅入られた者―骨董屋・今川、老医師・久遠寺、作家・関口らの眼前で仏弟子たちが次々と無惨に殺されていく。謎の巨刹=明慧寺に封じ込められた動機と妄執に、さしもの京極堂が苦闘する、シリーズ第四弾。

全295件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

京極 夏彦(きょうごく なつひこ)
1963年、北海道小樽市生まれ。小説家としてだけでなく、世界妖怪協会・世界妖怪会議評議員(肝煎)など妖怪研究家であり、他にも装幀家、アートディレクター、俳優など様々な顔を持つ。
広告代理店を経てデザイン会社を設立。1994年、そこで暇つぶしに書いた『姑獲鳥の夏』を講談社に送ったところ極めて評価を受け、同年、即出版・デビューに至る。瞬く間に執筆依頼が殺到する人気作家に上り詰めた。
1996年に『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、1997年『嗤う伊右衛門』で第25回泉鏡花文学賞、2002年『覘き小平次』で第16回山本周五郎賞、2004年『後巷説百物語』で第130回直木三十五賞、2011年『西巷説百物語』で第24回柴田錬三郎賞など、数多くの受賞歴がある。
代表作に「百鬼夜行シリーズ」「巷説百物語シリーズ」「豆腐小僧シリーズ」など。

鉄鼠の檻 (講談社ノベルス)のその他の作品

京極夏彦の作品

ツイートする