絡新婦の理 (講談社ノベルス)

著者 :
  • 講談社
3.77
  • (506)
  • (328)
  • (893)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 3192
レビュー : 276
  • Amazon.co.jp ・本 (830ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061819320

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 再読。
    その後の続巻も読んだ上でやはりこれが一番好きです。
    初めて読んだとき鳥肌が立って、しばらく呆然といていたことを思い出します。

  • 女系家族の、綺麗なお姉さん祭り。
    一族の血を守らんがための蜘蛛による大きな大きな罠。
    家督制度。男性性、女性性からの捉え方の違いやその周辺の薀蓄。

  • なんだろこれは。
    一気に読める大河?

    今まで読んだ京極堂で一番好き。

  • ものすごく長いがすらすら読めた。しかもおもしろい。すごい。

  • 本にカステラほどの厚さがあって読みづらい、内容も読み応えがありすぎて、読むのが辛いーー高校生のときに読んだ感想はこんな感じだった。あの時分は膨大な登場人物と時系列とその前後関係を追うので精一杯だった。全く理解が追いついていなかった。
    読み返して、まぁ真犯人は朧げながら覚えていたけれど、冒頭の憑き物落としから物凄い勢いで作品に惹きこまれていった。売春、夜這い、慰安婦、女性人権運動、、、etc、それらを柳田国男ばりの民俗学視点と心理学の側面でバッサリと読み解いていく京極堂(というか京極さん)。それらが決して作中のミステリから孤立することなく、大きなバックグラウンドとして成立している。そして、プロローグに繋がる衝撃のラスト。もう途中で何度も真犯人なんてどうでもいいやって気にさせられる。
    何度も読み返してみたい作中は山のようにあるけれど、ともかくこれは別格。

  • この蜘蛛の巣は、蜘蛛の巣をイメージさせようとしていますがそう思った時点で蜘蛛の巣にかかっているのは読んでいる私でした。
    そんなお話です。

  • 関口君が全く出てこない話だった。すごく残念。関口君が一番といってもいいほど好きキャラなのだと実感。
    でも普通に面白かった。中盤あたりに犯人分かったのでちょいと満足。
    山本女史と柴田に驚いた。
    美由紀が強い子で感動。嫌な大人ばかりの中でよく頑張ってくれた…!現実ってつまらないね。その中でおじいちゃんが、孫思いのよい人だった!こうやってつながっていくのがいいね。
    葵さんが好きだったのになー。死んじまったよ…。
    榎さんが女学校に乗り込んでの傍若無人っぷりが、美由紀視点が書かれていてとても楽しかった。榎さんすげぇ!!
    そしてこの榎さんと付き合っていける京極堂と関口君と木場すごいと思うわ。というか木場と京極堂ならともかく、榎さんが関口君といるのは本当に関口君が気に入っているからなんだろうなぁ。

  • 個人的に京極作品再読ブームです。きちんと読み返したのは10年以上ぶりだろうか。

    一連の百鬼夜行シリーズの中で最も完成度が高いと思っているのだけれど、冒頭とラストの構成そのものがこの事件の構造と重なっている事こそが、肝であり、非常に印象深い作品となっています。

  • 私には難しかったです…

  • 既に何回か読み直しているはずで、しかも読んでいる最中は分かったつもりでいるのに、読み終わるとやはり細かい部分を忘れているというか、分からない部分があるのはなぜなんだろう?登場人物の関係(前の事件も含む)を細かく相関図にでもしないと。しかし、話自体は分かったよな分からないような気持ちのままグイグイと読み進み、憑き物が落ちた気持ちになります。京極、おそるべし。

全276件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

京極 夏彦(きょうごく なつひこ)
1963年、北海道小樽市生まれ。小説家としてだけでなく、世界妖怪協会・世界妖怪会議評議員(肝煎)など妖怪研究家であり、他にも装幀家、アートディレクター、俳優など様々な顔を持つ。
広告代理店を経てデザイン会社を設立。1994年、そこで暇つぶしに書いた『姑獲鳥の夏』を講談社に送ったところ極めて評価を受け、同年、即出版・デビューに至る。瞬く間に執筆依頼が殺到する人気作家に上り詰めた。
1996年に『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、1997年『嗤う伊右衛門』で第25回泉鏡花文学賞、2002年『覘き小平次』で第16回山本周五郎賞、2004年『後巷説百物語』で第130回直木三十五賞、2011年『西巷説百物語』で第24回柴田錬三郎賞など、数多くの受賞歴がある。
代表作に「百鬼夜行シリーズ」「巷説百物語シリーズ」「豆腐小僧シリーズ」など。

絡新婦の理 (講談社ノベルス)のその他の作品

京極夏彦の作品

ツイートする