ウロボロスの基礎論 (講談社ノベルス)

著者 :
  • 講談社
3.21
  • (4)
  • (12)
  • (29)
  • (5)
  • (2)
本棚登録 : 112
感想 : 14
  • Amazon.co.jp ・本 (673ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061819801

作品紹介・あらすじ

実在のミステリ作家らを襲う奇妙奇天烈な"うんこ事件"。竹本健治の連載ミステリに混入する眩暈と戦慄の物語。綾辻行人、小野不由美、笠井潔、新保博久、法月綸太郎、麻耶雄嵩、山口雅也が推理合戦を展開、小説ジャックまで強行される。世界は擾乱され朦朧胡乱の淵に転落した。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 竹本健治によるウロボロスシリーズの第二弾。実名小説パートでは,うんこ事件の真相を推理することになる。うんこ事件とは以下のとおり

    ○ 第一のうんこ事件
     京都大学ミステリ研究会の部室で,「ブレード街の殺人」という本にうんこがされるという事件。この事件は15年ほどまえの事件
    ○ 第二のうんこ事件
     山口雅也の家で,「ビッグ・ボウの殺人」という本にうんこがされるという事件
    ○ 第三のうんこ事件
     新保博久の家で,「うんこ殺人事件」という作品にうんこがされるという事件
    ○ 第四のうんこ事件
     笠井潔の家で,「バーナビー・ラッジ」という作品にうんこがされるという事件
    ○ 第五のうんこ事件
     田中幸一がうんこまみれの死体で発見されるという事件

    実名パートとは別に「麻生邸」という館で,殺人事件が起こる。水樹という5歳の少年の殺人事件があり,火巳子という女性が自殺する。また,木羅という女性が死体で見つかる(事故とも目される)。これらの麻生邸には,「牧場智久」と名乗る少年や,矢吹駆と名乗る探偵が出てくる。
    実名パートには,うんこ事件の推理合戦や,法月,綾辻,麻耶などの原稿,物理などの雑学についての記載や,漫画まで含まれる。
    その後,竹本竜都が,チェーンの掛かった部屋から消失するという事件を経て,実名パートと麻生邸パートの事件が交錯する。麻生邸事件の謎は,矢吹駆と名乗っていた笠井潔が解明し,犯人は成海という女性ということで終わる。麻生邸パートを一人称で記述していた「冥王星」に当たる人物は,冥王星が惑星ではなくなってしまうことを予見するように,まるで物語に登場しなかったかのように消滅していく。
    実名パートは,第1,第2のうんこ事件については真相は語られず,第3,第4のうんこ事件は田中幸一の仕業であるとされ,第5のうんこ事件の犯人は,オリエント急行殺人事件のように,あまたのミステリ作家ということにされてしまう。
    そして,杉田朋江として竹本健治の周囲に現れていたのは小野不由美であったという真相で終わる。

    ウロボロスシリーズの雰囲気は大好きだし,竹本健治の文体は肌に合う。雑学部分も楽しく読めた。好みの作風で,好きな作家なので,ひいき目で見ているが,客観的に見ると,ウロボロスの基礎論は,優れた作品とは言えないと思う。もしかしたら,実名で登場していた作家達から横槍が入ったのかもしれないし,私の読解力が足りないだけかもしれないが,物語としては割り切れない部分が残ってしまっているように思う。
    うんこ事件の真相も,犯人の血液型といった物的な証拠が出てないので,いかようにも解釈できる。第5のうんこ事件の真相も,一応の推理はされているが唐突すぎる。杉田朋子=小野不由美という真相は,伏線もあり,納得し得るが,そもそも物語の本筋にあまり関係がないように思える。小説ジャックの真相も不明。
    総合的に見ると,甘くみても★3止まりだろう。

    ○ 実名パートの登場人物
    竹本健治
     本作品の著者。
    笠井潔
     ミステリ作家。うんこ事件の被害者のひとり。宇川邸での推理合戦にも参加する。矢吹駆という名前を騙り,麻生事件にも関わる。
    山口雅也
     ミステリ作家。「うんこ事件」の被害者のひとり
    乾敦
     ウロボロス偽書から登場人物のひとり。早稲田ミステリ倶楽部出身。
    中井英夫
     虚無への供物の作者。作中で死去する。
    宇山日出臣
     新本格の仕掛け人である講談社の編集者
    島田荘司
     ミステリ作家。ウロボロスの基礎論ではチョイ役。
    綾辻行人
     ミステリ作家。ウロボロスの基礎論では,一部,原稿を記載し,田中幸一が全く美青年でないことを書く。宇川邸での推理合戦にも参加する。竹本健治により,犯人探しのために採取されたうんこから,ガンであることが分かる。
    小野不由美
     作家。綾辻行人の妻。宇川邸での推理合戦にも参加する。杉田朋子として竹本健治の周囲に何度も現れ,酉つ九の名前で小説を書いて賞に応募したりしたのも彼女。
    法月綸太郎
     ミステリ作家。宇川邸での推理合戦にも参加する。
    麻耶雄嵩
     ミステリ作家。宇川邸での推理合戦にも参加する。
    竹本竜都
     竹本健治の息子。4歳。
    田中幸一
     ミステリ評論家。第5のうんこ事件の被害者。何もあんな殺され方をしなくても…。
    六反田良平
     京都大学の学生。ミステリ研究会に所属。
    新保博久
     ミステリ評論家。うんこ事件の被害者のひとり。証拠物件としてうんこを採取する。
    東海洋士
     竹本健治の友人。匣の中の失楽の「根戸」のモデルと言われる。
    橘田
     中井ファンで研究所に務める女性。うんこを検査する。

    ○ 麻生邸パート
    水樹
     麻生邸事件の最初の被害者。5歳の子ども。「水星」に位置づけられる。
    金江刀自
     「金星」に位置づけられる。
    月彦
     「月」に位置づけられる。
    火巳子
     水樹の母。自殺する。「火星」に位置づけられる。
    木羅
     麻生邸事件の第二の被害者。「木星」に位置づけられる。
    珂土
     「土星」に位置づけられる。
    天音
     「天王星」に位置づけられる。
    成海
     「海王星」に位置づけられる。
    日馬
     「太陽」に位置づけられる。
    牧場智久と名乗る少年
     本名江川欄。麻生邸事件のパートでは頭を殴られ,実名小説パートでは記憶を失い,「天使」として登場する。
    「冥王星」の位置づけのおとこ
     名前は出てこない。麻生邸事件パートの記述者。水樹を殺害する。

  • <ネタバレ有り>



    ++++++++++++++++++++++++++++++++



    前作「ウロボロスの偽書」の続編。
    なんというクソ小説…色んな意味で。1冊の本でこんなに「うんこ」という単語が出てくる本があるだろうか。まじめな顔してうんこに関する推理を述べ合ってるのにふいた。ラブレー的うんこってなんだ…スウィフト的うんこってなんだ…(笑)笠井潔作品はまだ読んだことないのですが、今後読むことがあってもこのイメージが付きまといそうだ。
    元作品を知らないのにその作品の書評を読ませられるのは苦痛以外の何者でもなかった。わからないところは読み飛ばしで読了。わたしは作者のお眼鏡に適うような血の巡りの良い読者じゃないのでこの作品のよさは理解できませんでした。残念。ただ、前作よりは楽しめたかもしれない。(主にうんこネタに喜ぶ小学生的な意味で…)
    小野不由美さんの漫画が読めたのはよかった。絵も上手なんだなぁ。あと思わぬところで谷山浩子さんの名前が出てきてびっくり。

  • 麻耶さん目当てで(笑)。
    美青年の一文だけでおなかいっぱいです。
    あとはごった煮過ぎてただただ読み進めるだけというか。
    メタ系は合わないのかもしれない。
    読み終わってもう○こ事件しか脳みそに残らないってすごい。

  • 殺人「以外」で震撼する事態とは何か?
    うんこなんだな。

  • 偽書より更に酷い。いろいろな意味で。

    テーマ的には仕方がないとはいえ、私の酉つ九姐さんが和服以外で登場するのは許せん!我慢ならん!仕方ないけど!

    あと作家陣がかわいそうすぎる。ひどい。悲哀が紙面からにじみ出てる。いろいろな意味で。

  • 今回も前回と同じように実名作家が登場するのですが、今回はある意味前回よりも凄い事になっています。
    本書では主に2つの事件が進行します。
    ミステリ作家達を襲う奇妙奇天烈なうんこ事件ともう1つがとあるお屋敷で起る連続殺人事件です。
    そして、さらにそこに他のミステリ作家や評論家からの小説ジャックまで挿入されてきます。
    もう何が何だかです。
    さらに同人漫画や小野先生が描いた漫画や綾辻先生の落書きまであります。
    はっきり言ってカオスです。
    しかし、お屋敷の事件は良いのですが、うんこ事件って酷いですね。
    作者は何をどうしてうんこ事件なるものを考えてしまったんでしょうか。
    実名作家達が推理合戦を展開しますが、これは読んでいてとても楽しかったです。
    最後にこの本は謎の解決は必須という方にはあまりお勧め出来ません。

  • 09/04/** 読了

    やっぱり読んだのはハードカバー版だけど書影がないから(ry

    偽書に続くウロボロスシリーズ第二弾。
    偽書と同じく今回も作家が実名で登場、作中作やら脳内世界やらでこんがらがった構成になっています。
    途中何度も、ここは誰の視点だ?って考えたよ…。
    でもこれだけ大作で、耽美っぽさや残酷さも振りまき、めまぐるしく話を展開させ、それでも最終的に一番印象的なのが「うんこ」って…「うんこ」って…www
    作中でどんだけうんこ連発するんだよと。おまえは小学生男児かと。笑ったけど。
    それと見所は、小野不由美女史の漫画原稿(!)。いかにも昔少女漫画をたしなんでいました、って感じの線だなー。
    実名作家では麻耶雄嵩が登場したのが嬉しい。プロの二時創作おもしろいです(違う)

  • 実在のミステリ作家らを襲う奇妙奇天烈な“うんこ事件”。竹本健治の連載ミステリに混入する眩暈と戦慄の物語。綾辻行人、小野不由美、笠井潔、新保博久、法月綸太郎、麻耶雄嵩、山口雅也が推理合戦を展開、小説ジャックまで強行される。世界は擾乱され朦朧胡乱の淵に転落した。

  • 実在の推理作家がキャラクターとして登場。うんこ事件に立ち向かう。うんこ事件って!

全14件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1954年、兵庫県生まれ。22歳の時中井英夫の推薦を受け、雑誌「幻影城」に『匣の中の失楽』を長編連載、作家デビューする。2016年、数々のミステリ・ランキングに『涙香迷宮』が上位に入り、17年度第17回ミステリ大賞を小説部門で受賞。『囲碁殺人事件』ほかゲーム・シリーズ、「ウロボロス」シリーズ、『クレシェンド』『しあわせな死の桜』『凡虚学研究会』『腐食の惑星』等、著書多数。

「2022年 『狐火の辻』 で使われていた紹介文から引用しています。」

竹本健治の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×