塗仏の宴 宴の支度 (講談社ノベルス)

著者 :
  • 講談社
3.46
  • (211)
  • (274)
  • (897)
  • (30)
  • (4)
本棚登録 : 2762
レビュー : 186
  • Amazon.co.jp ・本 (616ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061820029

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 京極堂シリーズ

    宴の始末と合わせて全2巻。
    とにかく凄いボリュームで一度読んだものの
    理解しきれずさりとて2度読む気力がなく今に至る。

  • ほぼオールキャラ。ぬっぺぽうからおとろしまで。
    少なくない人々がくじける前編。

  • 「塗仏の宴 宴の始末」への前哨戦、といった感じでしょうか。なんだかえらいことになってそうだぞ、ということは分かりましたが(笑)。事件の全貌が見えるのは次作かな。この終わり方……気になるのでとっとと読まなきゃ。
    独立した短編としても楽しめますね。妖怪薀蓄も個人的にけっこうツボなので、妖怪がいっぱい出てきて嬉しかったりも。

  • 第6弾

  • 京極作品は大好きだけどさすがに回りくどすぎる
    関口がメインになると幻想的な思想ばっかりなので
    若干読みづらい

  • 関口君が大変なことに…!
    見えてきそうで見えてこない「謎」に、「始末」の方がとっても気になります。

    敦子嬢可愛い。お兄さんちゃんと面倒見てやってくださいな。

  • おおぉおぉ……!!ら、ラストが衝撃過ぎて……!!!!!
    これ読むときは出てきた登場人物の名前をしっかり覚えとくことを強くおすすめします まあミステリでは当たり前なのかもですけど……

    読んでる途中で思ったのは、京極作品で500ページ以上にわたってグロテスクな死体が出て来なかったのって初めてじゃね!ってことですね

  • ジョロウグモの後に読んだからあれだけど・・・。とりあえず最長。

  • 関口先生の受難。

  • 百鬼夜行シリーズ第6作目

    長い・・・!!長いよ・・・!!
    でも、読んじゃうから不思議!!

    怪しげな宗教団体が多すぎw
    敦っちゃんの動向が気になります。

全186件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

京極 夏彦(きょうごく なつひこ)
1963年、北海道小樽市生まれ。小説家としてだけでなく、世界妖怪協会・世界妖怪会議評議員(肝煎)など妖怪研究家であり、他にも装幀家、アートディレクター、俳優など様々な顔を持つ。
広告代理店を経てデザイン会社を設立。1994年、そこで暇つぶしに書いた『姑獲鳥の夏』を講談社に送ったところ極めて評価を受け、同年、即出版・デビューに至る。瞬く間に執筆依頼が殺到する人気作家に上り詰めた。
1996年に『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、1997年『嗤う伊右衛門』で第25回泉鏡花文学賞、2002年『覘き小平次』で第16回山本周五郎賞、2004年『後巷説百物語』で第130回直木三十五賞、2011年『西巷説百物語』で第24回柴田錬三郎賞など、数多くの受賞歴がある。
代表作に「百鬼夜行シリーズ」「巷説百物語シリーズ」「豆腐小僧シリーズ」など。

京極夏彦の作品

ツイートする