怒りをこめてふりかえれ (講談社ノベルス)

著者 :
  • 講談社
2.86
  • (1)
  • (0)
  • (4)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 16
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (331ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061820241

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  そのぼくにつきつけられたマイク、マイク、マイク、フラッシュ、フラッシュ――
     あのとき、ぼくのなかにぬっと立ち上がり、はじめて目覚めたあの黒い怒り。
     やるせない、やり場のない、どうすることもできない、たぎるような――あの黒い怒り。
     ぼくはあのときはじめて、自分のなかに――ずっと大人しい小羊チャンだとばかり思ってきた自分の中にこんなにどろどろした怒りや、人を殺すかもしれない激情がひそんでいると知ったのだった。
     あんな苦しみ、そしてすべての足元がくずれてゆくような不安と恐怖、そして狂おしくどうすることもできぬ息もできないような怒りの苦痛を、たとえ無関係だといっても、神崎ゆりかに何も好意をもつ理由ひとつなかったといっても、一回くらい寝たからといってそれは何か関係があると思う理由にはならなかったといっても――それでもぼく以外の誰にも二度と味わわせたくない、この怒りを持たせたくないというこのぼくの気持ち。
     それを、あの夜ぼくはさんざん酔ったいきおいでゆりかに説明して、るるとのべたてて、こんどはぼくのほうが喋りまくって、ゆりかもわかってくれたと思っていたのだが――
    (本文p.67-68)

  • これもちょっと・・・。

  • 2009/9/22 1:11

全3件中 1 - 3件を表示

怒りをこめてふりかえれ (講談社ノベルス)のその他の作品

栗本薫の作品

ツイートする