魔天楼 薬師寺涼子の怪奇事件簿 (講談社ノベルス)

著者 :
  • 講談社
3.50
  • (24)
  • (29)
  • (94)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :290
  • レビュー :28
  • Amazon.co.jp ・本 (182ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061820494

作品紹介・あらすじ

警察のお偉方が大集合しているビルで、突然出入りが不能となる異常事態が発生した!?右往左往する上役を睥睨しつつ、従僕(?)を従えて、颯爽と登場する美女が一人。彼女こそ、警視庁きっての危険人物、薬師寺涼子警視その人だった。驚天動地の警察ホラー。特別書下ろし短編「さわらぬ女神にタタリなし」収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 新作を読んで懐かしくなりシリーズ1作目を再読。やっぱり理屈抜きに面白い!

  • ひさしぶりに読んだけどやっぱりおもしろいな。ここまでボウジャクブジンに振る舞えると、逆に清々しいwww

  • 新刊が出たのを機に何年かぶりの再読。
    相変わらず読後はスッキリ。
    せっかくだから他も読んでみるかな。

  • 頭脳明晰、容姿端麗、しかもお金持ちの主人公薬師寺涼子。
    部下の泉田準一郎の振り回されっぷりと、涼子様のハチャメチャ振りと名言に痛快さを感じる。

  • 警視庁きっての危険人物、ゴーガンフソンな涼子とおつきの泉田クン。
    キャラだけの作品。
    それなりに愉し。

    (2001年04月05日読了)

  • 我が物顔で大暴れする幻想生物(と警察官僚)を完膚なきまでに叩き潰すディザスター(主に主人公の活躍によって……)小説。
    こういう作品が読みたかった!

    ノベルス版は書き下ろし短編もついていてお得。

  • 高校時代、図書室の先生に、何かオススメはないかと聞いて借りてみたもの。
    頭脳明晰、容姿端麗、セレブで魔女王なお涼さまと下僕の泉田くんとのコンビがいい。
    脇役も個性派勢揃い。渋オヤジ好きなので丸岡警部にもきゅんきゅんする。

  • あえて漫画?
    小説に挿絵をされていた垣野内成美さんおコミックです
    (吸血姫美夕・・・だったかな、好きでした♪)
    東京大学文科?類入学、法学部卒業時に司法試験・外交官試験・国家公務員?種試験に合格し、警察庁に入庁、インターポールへ二年間出向、現在「警視」として「刑事部参事官」に27歳でなりました
    彼女の父は「JACES(大日本セキュリティーサービス)」の社長(年商5000億円)であり、全世界に涼子の「僕」がいます・・・はあ・・・すごい
    その長い見事な脚線美を惜しむことなく露出して、ピンヒールで悪を蹴る
    石棲妖蠍(バレオロザキス)が今回の妖怪=敵ですが、コレすらも蹴倒しました(笑)
    博識を持って妖怪の弱点すら調べ上げて退治しました
    「思い知った?正義は必ず勝つ!・・・いえ、正義とは! アタシが勝つこと!!」
    はい・・・そのとおりです(この魔女はかわいい!)

  • 奇想天外・奇妙奇天烈っぷりが心地良いです。周囲は大変でしょうが、彼女のように生きられたらさぞかし気持ちが良いだろうとも思います。ある意味あこがれの存在かもしれませんね(笑)

  • お涼が大暴れしてます。
    読んで爽快!!
    このシリーズかなり楽しいです。

全28件中 1 - 10件を表示

魔天楼 薬師寺涼子の怪奇事件簿 (講談社ノベルス)のその他の作品

田中芳樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮部 みゆき
宮部 みゆき
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする