百鬼夜行-陰 (講談社ノベルス)

著者 :
  • 講談社
3.37
  • (108)
  • (170)
  • (655)
  • (20)
  • (5)
本棚登録 : 1894
レビュー : 130
  • Amazon.co.jp ・本 (374ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061820807

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 外伝的な一冊。ただ…誰だっけ?この人って人もいます。背負う深い業の数々。

  • 京極堂サイドシリーズ。未採点

  • 初めて読んだ京極作品がこれだった。
    いきなりサイドストーリーから入ったというのに、サイドだなんて気づかなかった。
    ダメな奴や嫌な奴の思考を理解させる――あまつさえ共感さえさせてしまう力に衝撃を受けた。

  • 京極夏彦さんのタイトルの付け方は
    本当に内容と一致していて分かり易い。
    まさしく、「陰」な本でした。

  • 私が最も気に入っている短編は木下刑事の話と関口くんの話です。過去の話は基本的に好きなのですけども、京極さんの短編に描かれている過去は悲しく過酷な過去ばかりでした。読了した途端どっと冷や汗が出ました。

  • 100円

  • 4/19 本編に負けず劣らず(コミカルなシーンがない分印象としては勝ってるかも)シュールでした。

  • 暗い、暗い日常の中で、
    一人一人の物語がゆっくりと紡がれる。

  • 京極堂シリーズ・サイドストーリー。覚えてないと意味不明。

  • サイドストーリー的な。補足、てきな

全130件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

京極 夏彦(きょうごく なつひこ)
1963年、北海道小樽市生まれ。小説家としてだけでなく、世界妖怪協会・世界妖怪会議評議員(肝煎)など妖怪研究家であり、他にも装幀家、アートディレクター、俳優など様々な顔を持つ。
広告代理店を経てデザイン会社を設立。1994年、そこで暇つぶしに書いた『姑獲鳥の夏』を講談社に送ったところ極めて評価を受け、同年、即出版・デビューに至る。瞬く間に執筆依頼が殺到する人気作家に上り詰めた。
1996年に『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、1997年『嗤う伊右衛門』で第25回泉鏡花文学賞、2002年『覘き小平次』で第16回山本周五郎賞、2004年『後巷説百物語』で第130回直木三十五賞、2011年『西巷説百物語』で第24回柴田錬三郎賞など、数多くの受賞歴がある。
代表作に「百鬼夜行シリーズ」「巷説百物語シリーズ」「豆腐小僧シリーズ」など。

百鬼夜行-陰 (講談社ノベルス)のその他の作品

京極夏彦の作品

ツイートする