ハサミ男 (講談社ノベルス)

著者 :
  • 講談社
3.80
  • (191)
  • (199)
  • (288)
  • (18)
  • (3)
本棚登録 : 1163
レビュー : 213
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061820883

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 見事に騙された!
    そして文章が上手。すごく読みやすい。(前半、あまり好みの展開じゃなかったのでうんうん唸りながら読んでたが、後半からエンジンかかりました!)
    あとは、音楽と食べ物に微妙なこだわりがでているのですが、著者の趣味なのかな?

  • たしかにそんなこと言っていなかった。

  • ほぉー!真犯人はわかったけど、あっちがこっちとは驚き!久々に気持ちよく騙されたぁ◎

  • 真相を知って唖然
    物語中の親切な真相語りの間にも頭は軽くパニック状態
    え?なに?どゆこと?え?そうなの?そゆこと?みたいな感じ
    そして、現在も驚きのあまり言葉が出てこない

    伏線なんかにも全く気が付かず最後までだまされ続けた
    ただ、少しだけ引っ掛かる部分はあったんだけど・・・・あまり深く考えなかった自分、乙

    2度目を読むとまた違うんだろうな
    だってどういう物語か知ってるわけだしね
    時間ができたらもう一度読んでみたいと思う

    とりあえず、おもしろかった!

  • 気持ち良くだまされました。
    医師の話し方も好きだったし。

  • 文句無しの傑作。凄い。

  • 最後にネタ晴らし系は沢山ありますが、なるほどなあと
    思いました。ハサミ男はずっとあの人だと思い込んで
    読んでいるとびっくりしますね。

  • 一人は予想付いたけれど、もう一人はそう来たかー!って感じでした。

    伏線の張り方が凄かったです。
    「あっ!こことここが繋がるんだ!!」とか「だからさっきのあの言葉があったんだ!!」とか…。

    精神的な事も絡んでくるから、好き嫌いもあるかもしれないけれど、私は大丈夫でした。

  • メフィスト賞(13回)

  • [ 内容 ]
    連続美少女殺人事件。
    死体ののどに突き立てられたハサミ。
    その残虐性から「ハサミ男」と名づけられたシリアル・キラーが、自分の犯行を真似た第三の殺人の真犯人を捜す羽目に…。
    殺人願望と自殺願望という狂気の狭間から、冷徹な眼で、人の心の闇を抉るハサミ男。
    端麗なる謎!ミステリ界に妖しい涼風が!
    第13回メフィスト賞受賞作。

    [ 目次 ]


    [ POP ]


    [ おすすめ度 ]

    ☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
    ☆☆☆☆☆☆☆ 文章
    ☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
    ☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
    ☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
    共感度(空振り三振・一部・参った!)
    読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

    [ 関連図書 ]


    [ 参考となる書評 ]

全213件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

1964年、福井県生まれ。名古屋大学理学部中退。1999年、『ハサミ男』で第13回メフィスト賞を受賞しデビュー。著書に『美濃牛』『黒い仏』『鏡の中は日曜日』『キマイラの新しい城』(いずれも講談社文庫)がある。 2013年2月、逝去。

「2016年 『子どもの王様』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ハサミ男 (講談社ノベルス)のその他の作品

ハサミ男 (講談社文庫) 文庫 ハサミ男 (講談社文庫) 殊能将之
ハサミ男 (講談社文庫) Kindle版 ハサミ男 (講談社文庫) 殊能将之

殊能将之の作品

ツイートする