ハサミ男 (講談社ノベルス)

著者 :
  • 講談社
3.80
  • (191)
  • (199)
  • (288)
  • (18)
  • (3)
本棚登録 : 1163
レビュー : 213
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061820883

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • うーむ。
    話は面白いとは思う。
    が、なんというかミスリードが下手すぎるというか、あからさまというか・・・
    「はい。今ここミスリードしていますよ。テストに出ますよ!」
    って感じがアリアリでそこが残念だった。
    その辺がうまければかなり面白くなると思うんだけどな。
    もったいない。
    あともうちょっとキャラクターたちの個性が欲しかった。
    けどまあ面白かったですよ。
    そこはホント。
    降車駅乗り過ごしそうになったもの。何度も。
    それだけにやっぱりおしい。

  • 女子高生を絞殺したあと、死体のノドにハサミを突き刺す連続殺人事件を扱ったお話。
    犯人が誰かってよりは、小説を読むときに想像していた犯人の実像に「えっ?!」って最後になって驚かされるお話です。
    映画化されているけれど、これは小説で楽しむお話なんじゃないかな?
    実際の殺人の動機とか経緯とかはよくある話だけれど、とにかく最後の大きな逆転がインパクトのあるお話でした。
    変な部分もあるけれど、きれいにだまされて面白かったです。
    内容は、これから読む人もいるかもしれないから書きません。

  • イニシエーションラブでどんでん返しに目覚めて読んでみた。似たような感じかなー。見事騙された!

  • うまく騙されました!

  • 気持ちよくだまされた。おもしろかった。

  • 勘のいい方ならトリックに気づくかもしれませんね。
    もしかして…?おかしいぞ…?と思っていたことが、後半ですいすい解かれていく気持ち良さがあります。

    しかし、騙されました。
    ある程度までは辿り着けたのですが、それで終わらない。更に予想しなかった展開で裏切られ……。
    詳しく語るとネタバレになってしまいそうなので抽象的すぎますが。文章も難しくなく読みやすいですね。

    医者のキャラがいい味出してる(笑)

  • 全体に流れる暗い雰囲気と、トリックが秀逸です。このころのミステリーは時代に合わせてトリックが多種多様化してきて面白かったです。映画化した時はどうやって映像化するんだろうと思いましたが、まああの手法しかないですよね、といった感じでした。

  • どんでん返しがあるのがわかってたのに、見事にだまされた。話に斬新さはないかもだけど、上手な構成である。詳細→http://takeshi3017.chu.jp/file4/naiyou16801.html

  • オチがびっくりする本を探してて見つけた本。すごーーく面白かった!まさかそんな結末?!とびっくり仰天!先入観とは恐ろしや。。。
    二重人格でサイコパスでこりゃあ怖い。もうすこし知夏のことを詳しく知りたくなった。

  • 終盤、あれ?話し手の性は逆じゃなかったかな、えっ、この人だれ?という状態。なんだか警察側の登場人物の名前も主要以外が全然頭に入らなかった。「お前は顔しか見ていない、手を見なければダメだ」。病院の彼女の手はどうだったんだろうなぁと思った。

全213件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

1964年、福井県生まれ。名古屋大学理学部中退。1999年、『ハサミ男』で第13回メフィスト賞を受賞しデビュー。著書に『美濃牛』『黒い仏』『鏡の中は日曜日』『キマイラの新しい城』(いずれも講談社文庫)がある。 2013年2月、逝去。

「2016年 『子どもの王様』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ハサミ男 (講談社ノベルス)のその他の作品

ハサミ男 (講談社文庫) 文庫 ハサミ男 (講談社文庫) 殊能将之
ハサミ男 (講談社文庫) Kindle版 ハサミ男 (講談社文庫) 殊能将之

殊能将之の作品

ツイートする