ハサミ男 (講談社ノベルス)

著者 :
  • 講談社
3.80
  • (191)
  • (199)
  • (288)
  • (18)
  • (3)
本棚登録 : 1166
レビュー : 213
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061820883

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 有名過ぎる作品だけに期待値が高かった為の星3つ。
    叙述トリックものだよーという前知識だけを入れての挑戦。まあ騙されたよね。若干力技な感じもあるけれど許容範囲です。
    しかし終わり方が爽やか過ぎる。いや、本当の最後は不穏だけれども。

  • サイコパスものミステリ読みたい週間のため、最大のネタバレを知ってしまってるけどなあ……と思いつつ読み始めたけど、楽しめた。
    ラストの台詞が非常に良い。
    あと、結構何かを食べるシーンがあるんだけど、食べ物がおいしそうだよね。こんな作品ですけどね(笑)

  • 以前、読んだ事を途中で思い出した。
    表紙裏の著者のことばが好き。

  • ハサミで喉を突いて女子高生を殺害する連続殺人犯「ハサミ男」。次のターゲットとなる少女を決め、決行しようとした矢先に少女が殺されているのを発見してしまう。首にハサミを突きたてられ絶命している少女。メディアは「ハサミ男のあらたな犠牲者」と騒ぎ立てるが、ハサミ男本人はそれが別の人間の企てたものだと知っている。
    警察とハサミ男、それぞれが少女殺害の真犯人を追う。。。


    なかなか面白いです。わりとオーソドックスなミステリって感じで・・・
    まあ序盤から「ハサミ男」のモノローグとか読んでなんとなく「ああこういうつくりか」という感じでその叙述な書き口で気付いてしまうのが難点といえば難点ですが、「こういうものだ」と様式美的に読んでいればそれはそれで楽しめる・・と思う。
    最後がもうちょっとすっきりと終わって・・・の方が好みではあるけど、まあこんなもんかな、と。

  • とにかく大好きな作品。

    ネタバレ?
    映画版は麻生さんの嘔吐シーン連発に女優力を見ますね。

  •  怜悧・大胆・精緻
     新感覚ミステリの傑作
     ハサミ男=美少女連続殺人鬼。
     死体の首には鋭く光るハサミが一丁!
     美少女を殺害し、研ぎあげたハサミを首に突き立てる猟奇殺人犯「ハサミ男」。
     3番目の犠牲者を決め、綿密に調べ上げるが、自分の手口を真似て殺された彼女の死体を発見する羽目に陥る。
     自分以外の人間に、何故彼女を殺す必要があるのか。
     「ハサミ男」は調査をはじめる。
     精緻にして大胆な長編ミステリの傑作!

     という事らしいです。

     講談社ノベルズでご活躍の殊能将之先生ですが、やはり『ハサミ男』が有名なのではないでしょうか。

     かく言う私も本屋の店頭でずっと 『ハサミ男』というタイトルが気になってとうとう購入してしまいました。
     京極堂の言うように、どんな本でも面白いのでしょうが、それでも当たり外れは絶対にあると思います!
     そしてこの本はアタリ!!

     なんかサイコでグロい話かな~と少し引いていたのですが、そういう系のミステリでもなく(いや、殺人のとことかグロいと言えばグロいですが)読後はアメリカ映画(ホラー)のラストシーンみたいでした。
    (大抵ロックっぽい音楽がエンディングなんですよね……)
     あ、でも全然怖くないですよ!
     心理的に怖いとかも全然なし!
     「あ!やられた!!」という楽しい読後でした。

  • ウオーーーッ!! となりました。
    薦めてくれた方、ネタバレしないでくれてありがとう。
    冒頭三行目で「ああ、主人公は○○なんだ」と読み始めたら、途中で「あれ?」と思い、最後に「やっぱり!」となりました。どことなく語り口調でそうなのかなとは思っていましたが……
    面白い! 凄い!

  • 読み終わると、上手いなぁ…と呟いてしまう本でした。
    物語を引っ張る力もあるし、ひっくり返す力もあるし。
    大満足です。

  • ハサミ男、という殺人犯が狙っていたターゲットが模倣犯に殺害され、その犯人を追いつめる話。途中、ハサミ男の正体がわかるときまで整理して読んでおかないと、ややこしくて悩まされた。ところでさ、君、名前なんていうの?

  • 個人的に殊能将之の作品が大好きです。
    中でもこのハサミ男は上手く書けていて最高ですね!

    これは何も知らずに読んだ方が面白いと思います。

全213件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

1964年、福井県生まれ。名古屋大学理学部中退。1999年、『ハサミ男』で第13回メフィスト賞を受賞しデビュー。著書に『美濃牛』『黒い仏』『鏡の中は日曜日』『キマイラの新しい城』(いずれも講談社文庫)がある。 2013年2月、逝去。

「2016年 『子どもの王様』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ハサミ男 (講談社ノベルス)のその他の作品

ハサミ男 (講談社文庫) 文庫 ハサミ男 (講談社文庫) 殊能将之
ハサミ男 (講談社文庫) Kindle版 ハサミ男 (講談社文庫) 殊能将之

殊能将之の作品

ツイートする