ST 警視庁科学特捜班 毒物殺人 (講談社ノベルス)

著者 :
  • 講談社
3.34
  • (4)
  • (12)
  • (31)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 117
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061820951

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ST第二弾

  • 予想外の内容だったので2作目を読むのを迷ったが、結局読んでしまった。
    公園の遺棄死体、ストレス生活の女子アナ、怪しげな事故啓発セミナーに対し、いつもマイペースな5colors。今回の百合根は弱々し過ぎるね。

  • ゾンビパウダー=フグ毒?!
    ゾンビがどういう関わりがあるのかと思っていたのですが、
    そういう事なんですか。

  • 2010年11月17日読了。2010年123冊目。

    楽しめた。
    すらすら読めて呆気なかったくらい。
    百合根警部が苦労人だなと思った。

  • 図書館で借りてきた。2008年10月23日読了。
    ふぐ毒テオロドキシンで仮死状態を作れるらしい。復活後も後遺症なしと。ブードゥー教のゾンビもこの効用を利用しているとか。

  • 2巻読了。キャップも少しずつSTの面々に慣れてきた?私も慣れてきたかも(笑
    川那部検死官をぎゃふんといわせることが出来てなによりでした(笑

  • 第二弾。赤城さんの人心掌握っぷりが素敵です(笑)

  • STシリーズ二作目。雰囲気が安定しているので、読みやすくていいなあ。

全10件中 1 - 10件を表示

プロフィール

今野 敏(こんの びん)
1955年北海道三笠市生まれ。上智大学文学部新聞学科在学中、「怪物が街にやってくる」で問題小説新人賞を受賞。大学卒業後、東芝EMI入社。ディレクターと宣伝を勤める。主な担当は、TMネットワークの前進バンド『スピードウエイ』。宣伝では、オフコース、甲斐バンド、チューリップなどニューミュージックを担当。1981年、同社を退社、作家に専念。
2006年『隠蔽捜査』で第27回吉川英治文学新人賞を受賞。2008年『果断 隠蔽捜査2』で、第21回山本周五郎賞、第70回推理作家協会賞を受賞。

ST 警視庁科学特捜班 毒物殺人 (講談社ノベルス)のその他の作品

今野敏の作品

ツイートする