百器徒然袋-雨 (講談社ノベルス)

著者 :
  • 講談社
3.72
  • (430)
  • (258)
  • (830)
  • (6)
  • (3)
本棚登録 : 2735
レビュー : 287
  • Amazon.co.jp ・本 (478ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061821002

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 榎木津探偵にハマって、シリーズ二冊目です。
    短編三つに分かれてるから読みやすかったです。
    京極堂の落ち着いていて冷めた感じと、榎木津の子供っぽさのアンバランスさがたまらなく好きです。
    京極堂のうんちくが、勉強になります。

  • よもや。知り合ったばかりの(私的には)榎木津氏にこれほど心振るわせられるなんて、女としてのプライドが許さないのですが、もう、虜です。

    もっと苛めて欲しい。って誰を?

  • 百鬼夜行シリーズのサイドストーリー。
    薔薇十字社の探偵、榎木津礼二郎が主役!

    めちゃめちゃ笑った!
    爆笑箇所が沢山あって、一人でげらげら笑っていたのでかなり怪しい人。
    電車などでは絶対読んではいけない。

    はちゃめちゃな榎さんがのびのびと暴れているのはのちろんのこと、
    あの、京極堂こと中禅寺明彦さえも、かなり悪乗りしていて
    そこがまた面白い!
    私は、京極堂様のファンなんだけど、おちゃめなところがクローズアップされていて、更に魅力UP!!

    短編2作なんだけど、どれも面白かったわ。

    榎さんの「俺が仕切る!!」が聞こえたら要注意!!(笑)

  • 私は榎さんの異能信じるけどなぁ。

  • 京極堂シリーズなのか。
    探偵 榎津が主役だからか、人がほとんど死なないからなのか。はたまた、関口巽が語らないからなのか陰鬱なところがなく笑える話になっている。テンポよく話が進み読みやすい。

  • おおおお面白かったー!!!
    榎木津さんが主役なのかと思ったら語り役は別なのですね
    でもそれが良い。
    榎さんの内面の吐露はないほうが純粋に破天荒な行動を
    客観的に見てわくわくできる!
    でもその語り役の本島さんの名前を三作目まで隠していたのは
    何か意味があるのでしょうか?
    そんなことも勘繰ってしまう自分がいる・・・
    榎さん変人だけど結果解決してるし不器用に優しいし
    ほんと魅力的な人だなーと
    美形で普通に性格良い人だったらこんな魅力は出ないですね!
    変人榎さん最高!!

  • おもしろい。

    榎木津が暴れる話はおもしろい!

  • 大好きな本です。
    もの悲しい雰囲気の漂う京極堂シリーズにおいて、…笑える。
    まさに探偵小説!

  • 榎木津好きには魅力的な徒然ものの中でも一番笑った

  • これが噂の探偵小説かあとかなり期待して読みました(笑)

    予想通り、榎さん最高でした。ハチャメチャ振りがとても良かったし、きちんと京極を担ぎ出しているのも良かったです。

    後半に、なつかしの常信さんと鉄童君が出てきてちょっとうれしかったです。

全287件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

京極 夏彦(きょうごく なつひこ)
1963年、北海道小樽市生まれ。小説家としてだけでなく、世界妖怪協会・世界妖怪会議評議員(肝煎)など妖怪研究家であり、他にも装幀家、アートディレクター、俳優など様々な顔を持つ。
広告代理店を経てデザイン会社を設立。1994年、そこで暇つぶしに書いた『姑獲鳥の夏』を講談社に送ったところ極めて評価を受け、同年、即出版・デビューに至る。瞬く間に執筆依頼が殺到する人気作家に上り詰めた。
1996年に『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、1997年『嗤う伊右衛門』で第25回泉鏡花文学賞、2002年『覘き小平次』で第16回山本周五郎賞、2004年『後巷説百物語』で第130回直木三十五賞、2011年『西巷説百物語』で第24回柴田錬三郎賞など、数多くの受賞歴がある。
代表作に「百鬼夜行シリーズ」「巷説百物語シリーズ」「豆腐小僧シリーズ」など。

百器徒然袋-雨 (講談社ノベルス)のその他の作品

京極夏彦の作品

ツイートする