百器徒然袋-雨 (講談社ノベルス)

著者 :
  • 講談社
3.72
  • (430)
  • (258)
  • (830)
  • (6)
  • (3)
本棚登録 : 2735
レビュー : 287
  • Amazon.co.jp ・本 (478ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061821002

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 結局主観の「僕」の名前は何だったの?

  • 榎さん大活躍の巻・第二弾。京極堂シリーズに比べて、爽快感がある!

  • 同シリーズの「風」と同様、榎さん最高!

  • 帯表
    探偵榎木津怪刀乱麻!

  • 薔薇十字探偵社が中心となって話が進んでいく。そのため事件解決も榎が主に行うためはちゃめちゃにしてしまう。そんなところが京極堂シリーズと違い面白かった。

  • 百鬼夜行シリーズの番外編、探偵が主役の短編集の2巻目。
    いつもながら、榎木津の馬鹿っぷりが際立つ。
    探偵シリーズになると、京極堂のキャラがちょっと変わってしまうのが、面白いような残念なような。

  • 再読。やっぱり面白い。

  • 大好きな京極夏彦。
    うっかり持ってる本をまた買ってしまった、、、。もしかしたらと思ったけれど。。
    まあ、新しく買った本もちゃんと読みきりました。

  • 明るく読める探偵本。
    美弥子さんラブ。
    読み返しやすさは京極堂シリーズ随一。

  • 再読  
    本編(と、いう言い方で良いのかな?)ではすっきり解決大団円!!というラストは望めないけれど(それがいいところでもあるけれど)  
    こっちでは榎木津大明神が粉砕してくれるので、さっぱりします  

    そして益田と和寅がどんどん馬鹿になっていく

全287件中 31 - 40件を表示

著者プロフィール

京極 夏彦(きょうごく なつひこ)
1963年、北海道小樽市生まれ。小説家としてだけでなく、世界妖怪協会・世界妖怪会議評議員(肝煎)など妖怪研究家であり、他にも装幀家、アートディレクター、俳優など様々な顔を持つ。
広告代理店を経てデザイン会社を設立。1994年、そこで暇つぶしに書いた『姑獲鳥の夏』を講談社に送ったところ極めて評価を受け、同年、即出版・デビューに至る。瞬く間に執筆依頼が殺到する人気作家に上り詰めた。
1996年に『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、1997年『嗤う伊右衛門』で第25回泉鏡花文学賞、2002年『覘き小平次』で第16回山本周五郎賞、2004年『後巷説百物語』で第130回直木三十五賞、2011年『西巷説百物語』で第24回柴田錬三郎賞など、数多くの受賞歴がある。
代表作に「百鬼夜行シリーズ」「巷説百物語シリーズ」「豆腐小僧シリーズ」など。

百器徒然袋-雨 (講談社ノベルス)のその他の作品

京極夏彦の作品

ツイートする