百器徒然袋-雨 (講談社ノベルス)

著者 :
  • 講談社
3.72
  • (430)
  • (258)
  • (830)
  • (6)
  • (3)
本棚登録 : 2735
レビュー : 287
  • Amazon.co.jp ・本 (478ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061821002

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 百鬼夜行シリーズのいわゆるスピンオフ作品。まぁおなじみの面々が出てきて、コンパクトにまとめてあって中々楽しめた。
    それにしても百鬼夜行の新作はいつでるんだろう??最近の京極さんはユルイ作品多いから、早く出して欲しいなぁ。

  • 探偵にして神なる榎木津が大暴走!
    快刀乱麻の売り文句にふさわしく笑ってスカッとできる!

  • 榎木津大暴れ。

  • 京極堂シリーズのサイドストーリー。ひねりは無いけれど、榎木津さんが大好きになる一冊でした。

  • 榎木津祭りな一冊。「魍魎の匣」等の本編(?)に比べて軽く、読みやすい。やることなすことズバー!っとしてて、「正しさ」を体現してくれているように感じちゃいます。榎さんファンが多いのも頷ける。

  • 百鬼夜行シリーズとしては信じられないくらい後味が悪くないお話ばかり。
    これも破壊神・榎木津が中心にいるせいか。
    読み終えた後、すかっとする。

  • 榎木津が主役といっても馴染みの登場人物が勢揃い。完全に妖怪シリーズ。中編で、肩が凝らずに読める。

  • 阿部寛で実写映画化、いやドラマ化だなこりゃ。

  • 塗仏後の榎木津メインのサイドストーリー。

    本編より断然、娯楽色が強くて、
    いろんな薀蓄が少ない分、すごく読みやすくておもしろかったです。

    犯罪を暴くために仕掛けをして、
    さらに語り手は何も知らされずに巻き込まれて翻弄されるって構成が、巷説シリーズを思い起こしました。

    やっぱり榎木津と中禅寺の、
    詳細を語らずとも分かり合ってる感じはすげえおいしいと思…苦笑

    しかし語り手の「僕」は本編とも繋がってくるんですかね?

    多々良先生行状記よりも次の風が読みたいです。

  • 2001年7月28日読了。

全287件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

京極 夏彦(きょうごく なつひこ)
1963年、北海道小樽市生まれ。小説家としてだけでなく、世界妖怪協会・世界妖怪会議評議員(肝煎)など妖怪研究家であり、他にも装幀家、アートディレクター、俳優など様々な顔を持つ。
広告代理店を経てデザイン会社を設立。1994年、そこで暇つぶしに書いた『姑獲鳥の夏』を講談社に送ったところ極めて評価を受け、同年、即出版・デビューに至る。瞬く間に執筆依頼が殺到する人気作家に上り詰めた。
1996年に『魍魎の匣』で日本推理作家協会賞、1997年『嗤う伊右衛門』で第25回泉鏡花文学賞、2002年『覘き小平次』で第16回山本周五郎賞、2004年『後巷説百物語』で第130回直木三十五賞、2011年『西巷説百物語』で第24回柴田錬三郎賞など、数多くの受賞歴がある。
代表作に「百鬼夜行シリーズ」「巷説百物語シリーズ」「豆腐小僧シリーズ」など。

百器徒然袋-雨 (講談社ノベルス)のその他の作品

京極夏彦の作品

ツイートする