黒い仏 (講談社ノベルス)

著者 :
  • 講談社
3.10
  • (22)
  • (36)
  • (117)
  • (40)
  • (9)
本棚登録 : 417
レビュー : 73
  • Amazon.co.jp ・本 (230ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061821675

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • オチだけネタバレされていた訳でして、ずーっと積んでおりました。
    そこだけ切り取って私のバカミスフォルダの引き出しに入れていたのですが、いやいや至るまでしっかり伏線のエッジが効いた!快作ではないですか!
    探偵の宝探しと警察の事件捜査のパートが交互に書かれ、交わる前から雲行きが怪しくなっていくのですが、2章最後の急展開の時点で、もうどうなっても私好みだと。殊能先生がやりたかったことって麻耶雄嵩作品ではじめて気付かされたことなんですよ。10年前だったらオールタイム1位だった。
    かも知れないほどに。本格における後期クイーンとか助手の立ち位置とか「麻耶みじゃん!!」と。

    ロジックが決まったところからの、処理の仕方ね。待ち受けていたのは、もう笑い死にするしかない怒涛の裏物語。タイトルの意味と合致したときのトキメキったらないですよ。
    三作読んできて
    黒い仏>ハサミ男=美濃牛かな?
    あとの作品がさらに評価高いって楽しみしかないんだが?

  • 本格推理を期待すると肩透かしを食らう。しかし、こういうのも面白いなぁ。

  • 探偵 石動戯作と助手アントニオが依頼された宝探しと、殺人事件の二軸で展開する物語。しかし、そこに顔のない本尊や怪しげな僧侶が関わり・・・・・・。新本格史上最大級の問題作。完全に読み手の好みによって評価が左右される作品だが、「ある根幹的な要素」と後期クイーン問題を少しでも解っていると非常に面白い。「二章 8」の唐突なる幕間を境に読者と探偵の視点は乖離し、その差分は怒涛のミステリ的技巧とユーモアで埋められていく。大胆な因果の転倒や循環は読者を唖然とさせる。終盤の石動のある台詞や最後の一文は思わず笑った(笑)

  • 前情報何もなしで読んだので途中からの展開にびっくりしましたが、表と裏という感じで面白かったです。
    でもこの展開は好き嫌いがはっきり分かれるだろうなぁと思うので、ミステリー+α(+αの度合い強)が許せない人にはお薦めはできません。
    何でも来い!な姿勢の人なら楽しく読めるかと思います。

  • 超伝奇(?)本格ミステリー。名探偵・石動戯作が、顔のない漆黒の秘仏の謎を解く!?
    重層的に時空を行きつ戻りつする物語がユニーク。なるほど、こういう謎解きもありなのね!(笑)

  • 色んな意味でぶっ飛んだミステリ。
    いや、ミステリと言うのはどうなのと言う意見もあるのだが。
    僕は新本格と言う枠組みは割と何でもアリと思ってるのでそう言うミステリもありかなと思ったりはしました。
    美嚢牛の時はあんまり好きじゃなかった石動戯作と言うキャラも、殊能将之と言う作者もこの作品からすごく好きになったし。
    しかし、殊能将之はもう故人であり、これ以上作品が出ないと言うのが惜しまれる所。

  • うーん、そうきたか!笑
    指紋の無い部屋で絞殺された男、黒い宝石の女、比叡山の僧、くろみさまを崇める寺。。。とわくわくするミステリ臭満載のなか、円載の秘宝探しを請け負った石動&アントニオの探偵コンビが華麗に事件解決!かと思いきや…邪神復活と人類滅亡をかけた最後の闘いときたもんだ!
    アントニオのスペックと暗い過去、依頼主の正体、星慧の思惑、夢求の護るもの、、、すべてが想定外であるいみ新鮮。
    親しみやすいミステリと、それだけで一冊なりそうなふぁ多ジーをこんなにしれっと同居させるって…
    おもしろいひとだなぁ。

  • こういうの大好き!!
    手を叩いて大笑いするもよし、怒るのもよし。
    ミステリーというジャンルのふところの深さを再確認。

  • 石動とアントニオ、いいコンビだなぁ…と。
    途中、えぇっ‼︎蜘蛛っ‼︎ってなったけど、こういうのも嫌いじゃない。

    シリーズの順番を気にせずに読んでるから、やっぱり『美濃牛』早く読もう。

  • 第一作目から読むべきだった。
    小説を範疇にとらわれず、単に娯楽や物語として、鷹揚に消費できる人ならこのシリーズは楽しめるだろうな。作家に求められる能力の一つ「サプライズ」には、大いに期待してよい。
    とはいえ、ジャンル論争というか、「これしか認めねぇ」系の偏狭な読書〈しか〉できないタイプの人はつらかろう。
    読みやすい文章で、引用やオマージュも自然。作家としての技量は相当なものだった。

    1作目 『美濃牛』
    2作目 『黒い仏』
    3作目 『鏡の中は日曜日』
    4作目 『樒/榁』
    5作目 『キマイラの新しい城』

    石動戯作シリーズはこのような順番。つか、このシリーズ批判してるミステリ好きは、あらすじとタイトルと名前でなんとなく気づけよ。いやしくも、ミステリ読者を自認するならば。

全73件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1964年、福井県生まれ。名古屋大学理学部中退。1999年、『ハサミ男』で第13回メフィスト賞を受賞しデビュー。著書に『美濃牛』『黒い仏』『鏡の中は日曜日』『キマイラの新しい城』(いずれも講談社文庫)がある。 2013年2月、逝去。

「2016年 『子どもの王様』 で使われていた紹介文から引用しています。」

黒い仏 (講談社ノベルス)のその他の作品

殊能将之の作品

黒い仏 (講談社ノベルス)を本棚に登録しているひと

ツイートする