煙か土か食い物 (講談社ノベルス)

著者 :
  • 講談社
3.75
  • (226)
  • (170)
  • (379)
  • (14)
  • (5)
本棚登録 : 1267
レビュー : 235
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061821729

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 頭の中で私は全部くらいました
    内臓とか頰とかサクッとなって
    アアアアと叫んで車の助手席に
    乗ってもおおおとなって
    疲れました

  • 四郎は女性不信だし暴力的で、これといって親しい友人もいない様子。
    愛嬌があって魅力的で医者としての腕もいいし頭も悪くない。
    弱点は家族のこと。彼らとの折り合いがついていないこと。
    日本の福井の西暁の奈津川家から逃げてしまったこと。
    うんざりして自分のことだけに集中してしまったこと。
    それでいいと思っていること。自分には価値がないと感じていること。

    結局のところ、丸雄がずるい。
    私も丸雄を赦した。

  • 暴力と性と感情を揺さぶる展開でぐちゃぐちゃで気付いたら泣いていた

  • 面白くない。最初っから最後まで独りよがり。

  • グロいのは嫌だけど確かに文章はおもしろい。主人公がいいやつ。意外にも家族の愛の物語。

  • 初めて読んだ舞城王太郎作品でした。
    マシンガントークのような言葉の迫力に押され、序盤は読み進める手が遅くなりましたが、中盤から流れに乗ったように一気に読んでしまいました。
    ストーリーはすごく面白いです。が、テーマになっている、主人公とその家族の人生の話は重くて、読んでいると引っ張られて落ち込んでしまいそうになります。

    「暗闇の中で子供」も、元気な時に読んでみようと思いました。

  • 【205】

  • ミステリー?
    ずっと主人公:ナツカワシローの頭の中で、謎を解くより人間関係や背景を理解する、共感するのに忙しく、謎解きはおまけ、って感じ。

    だけど、とっても魅力的な本。クセになる。
    口語で分圧がすごいけど、無駄な言葉なんてないし、夢中になる。

    言葉が綺麗で眺めたくなる作家さんもいるけど、
    舞城さんの本は、ラップ?ことばの応酬。

    暴力表現は、あんまり得意じゃないけど、このスピード感だからこそ読めた。

  • 疾走感がよかった

  • おかしい…途中まではちゃんとついて行けていたはずだったのに…気がついたらまた置いてけぼりを食らっていたなんて…

    読み終えて残ったものは虚無感と疲労感。
    デビュー作でこれとか舞城王太郎ヤバい。

全235件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1973年、福井県生まれ。2001年『煙か土か食い物』で第19回メフィスト賞を受賞しデビュー。03年『阿修羅ガール』で第16回三島由紀夫賞を受賞。『熊の場所』『九十九十九』『好き好き大好き超愛してる。』『ディスコ探偵水曜日』『短篇五芒星』『キミトピア』『淵の王』『深夜百太郎』『私はあなたの瞳の林檎』など著書多数。12年には『ジョジョの奇妙な冒険』(荒木飛呂彦著)の25周年に際して『JORGE JOESTAR』を刊行。近年は小説に留まらず、『バイオーグ・トリニティ』(漫画・大暮維人)の原作、『月夜のグルメ』(漫画・奥西チエ)の原案、トム・ジョーンズ『コールド・スナップ』の翻訳ほか、短編映画『BREAK』や長編アニメ『龍の歯医者』の脚本、短編アニメ『ハンマーヘッド』の原案、脚本、監督などをつとめている。

「2018年 『されど私の可愛い檸檬』 で使われていた紹介文から引用しています。」

煙か土か食い物 (講談社ノベルス)のその他の作品

舞城王太郎の作品

煙か土か食い物 (講談社ノベルス)を本棚に登録しているひと

ツイートする