煙か土か食い物 (講談社ノベルス)

著者 :
  • 講談社
3.75
  • (226)
  • (170)
  • (379)
  • (14)
  • (5)
本棚登録 : 1267
レビュー : 235
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061821729

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 頭の中で私は全部くらいました
    内臓とか頰とかサクッとなって
    アアアアと叫んで車の助手席に
    乗ってもおおおとなって
    疲れました

  • 四郎は女性不信だし暴力的で、これといって親しい友人もいない様子。
    愛嬌があって魅力的で医者としての腕もいいし頭も悪くない。
    弱点は家族のこと。彼らとの折り合いがついていないこと。
    日本の福井の西暁の奈津川家から逃げてしまったこと。
    うんざりして自分のことだけに集中してしまったこと。
    それでいいと思っていること。自分には価値がないと感じていること。

    結局のところ、丸雄がずるい。
    私も丸雄を赦した。

  • 暴力と性と感情を揺さぶる展開でぐちゃぐちゃで気付いたら泣いていた

  • 面白くない。最初っから最後まで独りよがり。

  • グロいのは嫌だけど確かに文章はおもしろい。主人公がいいやつ。意外にも家族の愛の物語。

  • 初めて読んだ舞城王太郎作品でした。
    マシンガントークのような言葉の迫力に押され、序盤は読み進める手が遅くなりましたが、中盤から流れに乗ったように一気に読んでしまいました。
    ストーリーはすごく面白いです。が、テーマになっている、主人公とその家族の人生の話は重くて、読んでいると引っ張られて落ち込んでしまいそうになります。

    「暗闇の中で子供」も、元気な時に読んでみようと思いました。

  • 【205】

  • ミステリー?
    ずっと主人公:ナツカワシローの頭の中で、謎を解くより人間関係や背景を理解する、共感するのに忙しく、謎解きはおまけ、って感じ。

    だけど、とっても魅力的な本。クセになる。
    口語で分圧がすごいけど、無駄な言葉なんてないし、夢中になる。

    言葉が綺麗で眺めたくなる作家さんもいるけど、
    舞城さんの本は、ラップ?ことばの応酬。

    暴力表現は、あんまり得意じゃないけど、このスピード感だからこそ読めた。

  • 疾走感がよかった

  • おかしい…途中まではちゃんとついて行けていたはずだったのに…気がついたらまた置いてけぼりを食らっていたなんて…

    読み終えて残ったものは虚無感と疲労感。
    デビュー作でこれとか舞城王太郎ヤバい。

  • 舞城王太郎の一作目
    独特な文章でなかなか読みにくかった。
    そして登場人物はみんな頭のネジがひとつ飛んでるようだった。
    それでも最後は一気にページをめくってしまうような怒涛の展開でハラハラしながら読めた。
    でも舞城王太郎の作品を読むのは少し間を開けることにする…。

  • チャッチャッチャッ一丁あがり。
    チャッチャッチャッもう一丁。

    まさにこのリズム。
    ぎっしり詰まっていたのにサクッと終わった。

    グロ注意。
    ジロさんぱないっす…

  • 圧倒的なスピード感。結構な質量のある本なのに、あっという間に加速してぐいぐい読み進めてしまう。
    一応の理屈は通っているので流してしまうが、終盤に至るにつれてだいぶトンデモ設定が多くなってくる。それも舞城ワールドなので面白いのだが、すごいのはその現実離れしていくストーリーに納得させられてしまうところ。このわけのわからない、わけを考える間も与えないリアリティは舞城作品の魅力のひとつだと思う。

  • 初めて出会う文体。最初は読み辛かったけど流れに乗ると面白いくらいスラスラいけた。

  • いくつか舞城作品は読んでいたけど、手を出していなかったデビュー作。
    不思議なタイトルだと思っていたけど、意味を知れてよかった。

    圧倒される文章。特に最後の展開は、流れるようで嫌いじゃない。
    でも、ミステリーとしては何かが隠されているのに気付けなかったんじゃないかと思ってしまう。

  • 背表紙に描いてある通り「へいへいへい!マザーファッカー!」という感じです.まさに.舞城さんは探偵物が多いが一番ハードボイルドなものではないでしょうか.村上春樹のハードボイルド感が苦手な人におすすめ

  • 読点がほとんどなく改行も少ないため一見すると読みにくそうに見えるのだが、その独特の文体は拳で殴りつけるような勢いがあり一気に読まされた。 物語は四朗の一人称で語られるわけだが文体=四朗の魅力に繋がっており文体に慣れ始める頃には四朗の魅力にとりつかれている。 とってつけたようなミステリー、密室、名探偵も出てくるがそんなものは糞でも喰らってろと吐き捨てたのには笑ってしまった。 チープさや荒唐無稽さは感じるが、それでも魅力的な物語だ。

  • 勢いのある文章と構成!一気に引き込まれました。

  • グロいとこあった。

  • 再読。バイブル。

  • 新鋭作家(当時)らしく勢いのある作品。
    はじめは文章が読みにくいのだろうが、なれれば問題はない。
    流れがよく展開もすっきりとしているが、表現にグロい部分(暴力的)が多いので、そういう表現が嫌いな人は非常に気分が悪くなるので読まないほうがいいだろう。

  • どちらかと言うと男性読者が好きそうな作品だなと思いました。
    最初は改行ください(>_<)と思っていましたが慣れると気にならず。
    思っていたよりおもしろかった。

  • このミスでランクインしており、知恵袋でも紹介があったので読んでみたが、ミステリーとして今一つ。テンポのいいところもあるが、途中の家族の生い立ちの延々と続くところなど、結構読みにくかった。結局最後も中途半端な終わり方だし。連続殺人の謎、二郎の行方、祖父の死の真相、結局どうなった?あんな医者も絶対いない。

  • 家族から逃げ出しアメリカで腕利きの医者として働く主人公奈津川四朗のもとに届いた凶報は、母親が連続主婦殴打生き埋め事件という奇怪な事件の被害者となったというものだった。故郷に戻った彼を待ち受けていたのは事件の裏に見え隠れする家族の物語だった。英語のカタカナ表記、改行をあまり用いない独特の文体で、スピード感のある主人公のモノローグで物語が語られていく。最初は戸惑ったが慣れてくるとテンポよく読み進めることができた。クレイジーな人物たちのやりとりも軽快で謎ときもポンポン進んでいくので読みやすかった。

  • 腕利きの救命外科医・奈津川四郎に凶報が届く。連続主婦殴打生き埋め事件の被害者におふくろが? ヘイヘイヘイ、復讐は俺に任せろマザファッカー! 故郷に戻った四郎を待つ血と暴力に彩られた凄絶なドラマ。破格の物語世界とスピード感あふれる文体で著者が衝撃デビューを飾った第19回メフィスト賞受賞作

  • 良子さん選

  • なんてったってタイトルが素敵よね。
    情緒なんてなんのその。
    文学作品読んだ後だとちょっとついていけないぐらい、とにかく高速にリズミカル。
    あの見開きには、心臓が萎縮した。
    それなのに文庫だと前頁でうっすら裏写りして見えちゃうの、あれはひどい。
    おそれいりました。

  • 家族の愛憎と暴力の連鎖と、サイコパスが起こす事件、というともすればドロドロになりそうなところ、軽妙な文体と、織り込まれるスラング混じりのカタカナ言葉が軽さとスピードを持たせて読みやすく面白かった。がしかし、読み終わった時に「・・・で?結局???」といういくつかの動機や謎が解決されていないような気分になるのだけれども、これって続編とかで解決されるの・・??

  • 怒濤と感情を述べ立てる文体はまったく文学的なのに、謎は解かれ悪は滅び救いが訪れきっちりエンターテイメントをこなしている。内容と文体のテンポが一致したクライマックスは、本当にただただすごいと思う。

    ○「一郎!二郎!三郎!四郎!逃げろーっ!」

    ○俺は左胸を二回叩いて要領よく肋骨を折り、地面に落ちていた包丁を拾って折れた肋骨の隙間に突き立てて心臓を貫く。手際よく終わらせなければならなかった。俺にはやるべきことがあった。

  • 最初は一人称とリズミカルな文体に戸惑ったけど、読み進めるうちに止まらなくなった。
    ミステリというよりは暴力と家族愛がごちゃ混ぜでサスペンスっぽい。
    四郎だけじゃなくて奈津川一家みんながめちゃくちゃ強くて頭が良くて刺激的だった。

全235件中 1 - 30件を表示

著者プロフィール

1973年、福井県生まれ。2001年『煙か土か食い物』で第19回メフィスト賞を受賞しデビュー。03年『阿修羅ガール』で第16回三島由紀夫賞を受賞。『熊の場所』『九十九十九』『好き好き大好き超愛してる。』『ディスコ探偵水曜日』『短篇五芒星』『キミトピア』『淵の王』『深夜百太郎』『私はあなたの瞳の林檎』など著書多数。12年には『ジョジョの奇妙な冒険』(荒木飛呂彦著)の25周年に際して『JORGE JOESTAR』を刊行。近年は小説に留まらず、『バイオーグ・トリニティ』(漫画・大暮維人)の原作、『月夜のグルメ』(漫画・奥西チエ)の原案、トム・ジョーンズ『コールド・スナップ』の翻訳ほか、短編映画『BREAK』や長編アニメ『龍の歯医者』の脚本、短編アニメ『ハンマーヘッド』の原案、脚本、監督などをつとめている。

「2018年 『されど私の可愛い檸檬』 で使われていた紹介文から引用しています。」

煙か土か食い物 (講談社ノベルス)のその他の作品

舞城王太郎の作品

煙か土か食い物 (講談社ノベルス)を本棚に登録しているひと

ツイートする