本当は知らない 薬屋探偵妖綺談 (講談社ノベルス)

著者 : 高里椎奈
  • 講談社 (2001年8月6日発売)
3.45
  • (66)
  • (55)
  • (279)
  • (4)
  • (0)
  • 本棚登録 :664
  • レビュー :41
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061821989

本当は知らない 薬屋探偵妖綺談 (講談社ノベルス)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • だぁぁぁ!もう!
    というのが最初の一声でした(苦笑)
    秋が病気?!
    シャドウの二人と飄々としている刑事高遠、
    座木のシャドウとの共同作戦。
    リベザルの大健闘。
    秋と直也の関係。
    柚之助の変化。
    ダッシュして転げるように出てきたリベザルに扮した
    柚之助にそんな事情があったとは~!!

    でもって、リベザルのキュンと切ない過去。
    座木の苦しいまでの秋への切ない思いの吐露。

    「本当は知らない」

    すべてを知り尽くしているような風の秋にも
    知りえないこともある。

    シリーズを通して胸を締め付けるような
    せつなさを抱いた一冊でした。

  • 薬屋再読週間。

    相変わらず記憶力が曖昧なので「あれ、この人こうだったような……」くらいは思いつつ、新鮮な気持ちで読めました。

    1章前半のシーンはこの巻だったか……ものすごい好きなエピソード。秋ゼロイチシバカイの関係いいなぁ……


    秋と前作で別れた直也との関係がうまく収まり、
    それによってリベザルも救われ、
    ゼロイチも友情()出演し、
    最終的にはザギの秋愛がすごい……こう、重く終わりました(笑)

    事件自体もあちこちで一見無関係そうなものがたぐり寄せられ一つの答えが導かれる感じ……面白かったです。

    個人的には「キスしてくれたら~」の件が章のタイトル『動揺(フリーズ)』通りフリーズもんでした。あれをいえばザギは黙るよ、って話していたのか?もしかして定番のやり取りなのか???おねーさんはドギマギしてました(笑)

    ものすごくどうでもいいですが、エヘさんのシーンはなんとなくもののけ姫が甦りました。どうでもいい。

  • リベザルの過去が垣間見れたのがせつなかったけど嬉しかった。

  • 「本当」は知らないこと、知らないほうがいいことだってある。2013/02/

  • 「退屈凌ぎではない、映画の様な人生を」。このメールを受け取って、ネット上から消えた8人の謎を追う車谷エリカと道長円。病院から失綜した11人を調査する座木とリベザル。4人の惨殺事件を捜査する高遠と葉山。三つの事件が絡み合い錯綜するなか、傍観を決め込む秋だが……。

  • 7作目

  • 知っていること、識っていること、見たこと、見たいこと、信じたくないこと…
    本当に、本当ってなんでしょう。

  • 表紙とタイトルでてっきりホラーだと思って読み始めたんですよ。違ったけど!思ったよりも読みやすくて面白かったので続きを読もうと思います。

  • 今までにまして恐いです。恐かったー…。<br />ホラー?宗教の盲目さは恐ろしいです。

  • 大量失踪事件。
    シャドウと薬屋と刑事がそれぞれ頑張る。コンピューターとかネット、あと宗教(笑)
    御兄弟が地味に好きです。

全41件中 1 - 10件を表示

高里椎奈の作品

本当は知らない 薬屋探偵妖綺談 (講談社ノベルス)に関連する談話室の質問

ツイートする