暗闇の中で子供 (講談社ノベルス)

著者 :
  • 講談社
3.43
  • (98)
  • (149)
  • (417)
  • (31)
  • (5)
本棚登録 : 1298
レビュー : 172
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061822061

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • な、何がどうなってこんな小説が生まれるんだ…!!こわっ。舞城先生の頭の中が怖い。わたしって何て凡人なんだ。三郎が結局停滞したままというか、達磨というか(…)すくえねぇなぁ…土煙食い物とは別物として考えたいなぁ。羊たちの沈黙は読んでみたくなる

  • 後味は噂の通り悪かった。前作にくらべるとかなり残酷さが増しております、という感じです。三郎がイっちゃってた。人とずれた感じに頭沸いてる感じだよ三郎。それから、四郎がものすごいいい子でしたね、まったく、たぶん奈津川家で一番家族思いな子は四郎だと思う。四郎なんであんないい子?前作ではそこまで思わなかったのに。っていうか飾り気ない奈津川家の子供たちがみんな好きです。ああいう人になりたい。(あ)でも、二郎は・・・あれは酷い酷い酷い!三郎の回想の中での二郎は怖すぎる。痛くなる。こっちまで痛くなる。うううう。やっぱり結論から言うと前作のほうがはるかに救われてると思う!(っていうか二郎失踪の夜について三郎と四郎の言ってる事違うんやけども、どうなんだ!私は言うまでもなく四郎派ですが。)ととととにかく怖すぎる。ラスト怖かった。むっちゃくちゃ怖かった。とてもデュビデュバイエーなんて言えません・・・!なのに読んでしまうミステリー。(笑)後味あんまりよくないし怖かったけど、四郎がかっこよかったので星4つ。(え)これもうここで完結なのかなー。

  • 20070422

  • 四郎はかっこよかったけど、三郎は微妙かも。
    てか最後グロすぎます、なのに読んでしまうのは何でだろ。

  • 常人からしたら三郎はすごい奴なのかもしれないが、夏川家の中ではかすんでしまう・・。へたれかな。煙の続編です。物語の核の部分がわからなかったのでもう一度読もうかな。

  • 「煙か〜」続編。
    こちらもおもしろかったが、
    個人内で「煙か〜」に勝てず。笑

  • <内容>
    傑作。
    破壊せよ!生成せよ!舞城王太郎!
    体内の札束……ミステリ史上最悪の見立て殺人……
    いまもっとも危険な“小説”がここにある!

    あの連続主婦殴打生き埋め事件と三角蔵密室はささやかな序章に過ぎなかった!
    「おめえら全員これからどんどん酷い目に遭うんやぞ!」
    模倣犯(コピーキャット)/運命の少女(ファム・ファタル)/そして待ち受ける圧倒的救済(カタルシス)……。奈津川家きっての価値なし男(WASTE)にして三文ミステリ作家、奈津川三郎がまっしぐらにダイブする新たな地獄。
    ――いまもっとも危険な“小説”がここにある!

  • 僕は好きだった。けど、嫌いな人が大半だとは思う。論理の一貫性や筋道の重要さを尊ぶ方にしたら、怒りすら覚えるかもしれない。ただ『ある一定の真実というのは、虚構の中でしか語ることができない』という二郎の言葉は確かだと思った。

  • 足りない頭のせいで理解できない部分もあったけれどそれをひっくるめてやっぱり好き。時間と気力とがあればもう一度読みたい。

  • 面白いけど、意味が解らない。もう、続きは出ないんでしょうか。これで舞城の中では終わってるんでしょうか。

全172件中 91 - 100件を表示

著者プロフィール

1973年、福井県生まれ。2001年『煙か土か食い物』で第19回メフィスト賞を受賞しデビュー。03年『阿修羅ガール』で第16回三島由紀夫賞を受賞。『熊の場所』『九十九十九』『好き好き大好き超愛してる。』『ディスコ探偵水曜日』『短篇五芒星』『キミトピア』『淵の王』『深夜百太郎』『私はあなたの瞳の林檎』など著書多数。12年には『ジョジョの奇妙な冒険』(荒木飛呂彦著)の25周年に際して『JORGE JOESTAR』を刊行。近年は小説に留まらず、『バイオーグ・トリニティ』(漫画・大暮維人)の原作、『月夜のグルメ』(漫画・奥西チエ)の原案、トム・ジョーンズ『コールド・スナップ』の翻訳ほか、短編映画『BREAK』や長編アニメ『龍の歯医者』の脚本、短編アニメ『ハンマーヘッド』の原案、脚本、監督などをつとめている。

「2018年 『されど私の可愛い檸檬』 で使われていた紹介文から引用しています。」

舞城王太郎の作品

ツイートする