暗闇の中で子供 (講談社ノベルス)

著者 :
  • 講談社
3.43
  • (98)
  • (149)
  • (418)
  • (31)
  • (5)
本棚登録 : 1298
レビュー : 173
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061822061

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 前作から間を置かずに読んだので初め気づきませんでしたが、前作のネタバレがあります。
    その前作からの興味を惹かれて読み進めるも、話は妙な方向に流れ…とは言え、そんな事を気にしていたら舞城作品は読めない!とひたすら、文字を追っていくことに…。
    うーん、読み終えて『美少女を見かけちゃって、ぼんやりした思考をそのまま描いた』のかなーなんて思ったんですけど、ネットで感想を検索したら…なるほど。三郎は小説家ですもんね。

    作者がこのシリーズにどれだけの思い入れがあるのか知らないのですが、続編が出たらこの話をどう解釈して進めていくのかと興味があります。

  • 罵詈雑言まみれの福井弁に、ただひたすら悪酔いして、快楽中枢を刺激される。
    その愛とその暴力に納得も共感もできないけど、そんなこと作者は望んでないんでしょうね。

  • 四兄弟の三男三郎さんのお話。
    以下ネタバレ

    ユリオちゃん可愛いよ。
    福島君、いつの間にというか、大人になっててびっくり。
    また、パラレルかなー。
    どからどこまでが、三郎の小説と妄想なのかは分からないので、もう一度読んで、また感想を書こう。
    でも、
    この本だけは二回読んだら、二回分の解釈が産まれてしまう。
    とりあえず、
    この一文に震えた。
    『嘘は俺の唯一の友達なのだ』
    四兄弟の残りのお話をいつまでも待ってます。

  • ものすごい破綻っぷり。三郎だしね…いやこれミステリではないですよね。そう思いながらも読んでしまう。

  • おもしろかった・・・と思う。
    普通の小説はラストに向かって物語が収束していくものだけれど、この小説は発散してる。
    うーん、発散というのもまた違うか・・・。
    とにかくオチはないに等しく、舞城あんま読んでない人だと悪ふざけにしか感じられないオチです。
    でも、途中にある「物語」に関する叙述はかなり納得できるものであったし、また、それがこの小説全体に関しての伏線?みたいに感じられた。
    ネットではけっこうこの小説に関して考察してる人が多くて、興味深く読ませていただきました。

  • 奈津川家サーガ第2弾。
    連続主婦殴打事件は更なる地獄の幕開けに過ぎなかった――。
    「おめえら全員これからどんどん酷い目に遭うんやぞ!」

    相変わらずの舞城節全開で、結構な分量があるはずなのに
    実感としては実際の半分くらいしか読んでる気がしない。
    それは内容の薄さによるものではなく、圧倒的スピード感によるもの。

    前作以上にとんでもない展開の連続で、
    矛盾や齟齬や度を過ぎた荒唐無稽さが目立つが、
    「ある種の真実は、嘘でしか語れないのだ」
    の言葉がそれらすべての存在を許容する。

    一読しただけではこの作品の全体像はおそらくつかめない。
    「煙か土か食い物」ほどの爽快な読後感はないものの、
    何がなんだかわけはわからないけれどスカッとする。
    それだけで舞城王太郎を読む価値はあるだろう。

    三郎三郎ふふっふ三郎デュビデュバ。イエー。

  • 『よしよし。俺はちゃんと俺の知っている世界に含まれたままだな。』

    『私の心は擦り減って擦り切れてもうなくなりそうです。私は私の心があるうちに私の体を処分してしまおうと思います。』

    『物語というものはそういうものなのだ。誰かの熱意が空にいる誰かに通じたりしてもいいのだ。それが嘘であってもいいのだ。何故なら、誰かの懸命さは必ず他の誰かに見られているものだということは、物語が伝えるべき正しい真実だからだ。』

    『君の周りに、君を取り囲むようにして地面に小さな円を描いたとき、その円は果たして本当に、君を内側に閉じ込めているのかい? それともその円は実際のところ、その外側に世界を閉じ込めているんじゃないかな? そもそも球体の表面に存在する円に、内側も外側もあるのかな?』

    『お腹痛すぎ。痛いって言うか、ヤバイ。リスくらいの大きさの変な獰猛なちくちくした肌の生き物を七匹くらいお腹の中に飲み込んじゃったような感じ。』

    『それからユリオは唇を俺の胸にぎゅうっと押し付ける。俺の胸に顔をうずめて唇を尖らして、俺の心臓に直接キスをするように。』

    『阿呆か。今や俺はパーフェクトラブをアテナに与えるパーフェクトボーイフレンドやぞ。悪事もへったくれも、最近俺は人の役にしか立ってねえっつの』

    『あんたほんま社会不適合者もええとこやなー世間体とか道徳とか常識とか、あんた何のことか判らんやろ。漢字で書けるか? 漢字で』

    『もうきっと会わないけど、元気でやっててね。好きやで、三郎。ずっと好きかも知れんけど、許してね。バイバイ三郎、バイバイ…』

  • 闇の深淵へ子供を連れていこう。そして殺戮へ続く・・・。死ね。

  • 前回ヘタレにしか見えなかった三郎が主役。
    流石にこの一家なだけあってやっぱりバイオレンス…と思いきややっぱりヘタレだった。
    年の差カポー話好きなんでニヤニヤ。
    謎だらけのままこの終わり方。
    早く続きー!って感じなのにこのシリーズはあと「世界は~」だけらしいので星4で。
    楓の暴飲暴食シーンがとても好き。
    ※日付は大体。

  • 前作と変わって語り手は四郎から三郎へ。文章のドライブ感は健在。
    ただこの物語、一部または全部は、前作の事件に影響を受けた三郎の創作だと思う。
    「本当のことは嘘でしか語れないこともある」。ゼロ円のくだりは笑った。

    MVP:なし

全173件中 21 - 30件を表示

著者プロフィール

1973年、福井県生まれ。2001年『煙か土か食い物』で第19回メフィスト賞を受賞しデビュー。03年『阿修羅ガール』で第16回三島由紀夫賞を受賞。『熊の場所』『九十九十九』『好き好き大好き超愛してる。』『ディスコ探偵水曜日』『短篇五芒星』『キミトピア』『淵の王』『深夜百太郎』『私はあなたの瞳の林檎』など著書多数。12年には『ジョジョの奇妙な冒険』(荒木飛呂彦著)の25周年に際して『JORGE JOESTAR』を刊行。近年は小説に留まらず、『バイオーグ・トリニティ』(漫画・大暮維人)の原作、『月夜のグルメ』(漫画・奥西チエ)の原案、トム・ジョーンズ『コールド・スナップ』の翻訳ほか、短編映画『BREAK』や長編アニメ『龍の歯医者』の脚本、短編アニメ『ハンマーヘッド』の原案、脚本、監督などをつとめている。

「2018年 『されど私の可愛い檸檬』 で使われていた紹介文から引用しています。」

舞城王太郎の作品

ツイートする