暗闇の中で子供 (講談社ノベルス)

著者 :
  • 講談社
3.43
  • (98)
  • (149)
  • (417)
  • (31)
  • (5)
本棚登録 : 1298
レビュー : 172
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061822061

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 始めて読んだのは高校生のときで、そのときは1作目の煙に比べて微妙だなと思ったけれど、最近読みなおしてみたらこの2作目の方が共感できる部分が多い。1作目の四郎がスタートダッシュなら、この2作目の三郎は1つめのコーナー。速度は落ちるけどテクニックで攻めてきた感じ。まあオチは賛否両論でしょうけれど。

  • エグイ。
    四郎にニヤニヤしている場合ではなかった。
    でも、いつかは完結して欲しい奈津川家サーガ。

  • 奈津川サーガは私にとってどうも暴力的に過ぎて苦手かもしれんです。
    ‘愛ゆえのエゴ’と‘唯一の真実の有無’みないなのがテーマなんでしょうか。
    事実、創作、事実、創作事実入り混じり、といった構成なのかな?そこも読み手次第なんでしょうね。
    ユリオがファム・ファタルって言い過ぎじゃないですか?可愛いだけじゃないか、三郎の面食いめ!

    私、「舞城王太郎は村上春樹を特に好きではないけど読んでる人」って思ってたんですけど、違うなコレ、好きだわ。
    嘔吐1979、狭い暗所に引き篭もり(ねじまき~の井戸と同じ)、ポケットの中のコイン、猫殺し、極め付けに「踊れよディスコティック」ですよ、どんだけ好きなんだよ!!勘ぐり過ぎか?否!
    とは言え、二人のテイストは全く異なりますけどね。そんなかんじ。

    10.03.08

  • ちょっとぶっ飛びすぎてて自分にはよくわからんかった・・・

    自らに対して強烈な劣等感を持っている人間が、がんばるっていうストーリーは好きなんだけど

  • よく行く図書館にないので読めていない。

  • えっ????というような終わりで、すごい後腐れ感が・・・

  • これは凄い。
    前作とは微妙に作風が違い、嫌いな人は嫌いだと思う。自分も何度か気分が悪くなってしまった。

    「愛しているからこそのエゴはどこまでゆるされるのか」

    ストーリーや結末にしこりも残るが三郎特有の観点・論点がなんとも絶妙。
    奈津川の圧倒的天才が蹂躙する恐るべき世界。
    いやはや、素晴らしい。

  • ・早く続編クレー!

  • ぎゃぁぁぁなんだこれなんだこれ。「煙か土か食い物」の三郎のお話。そう思って読んだらオソロシカッタです。これはもう好みの問題で、無理無理。まーこのへんから舞城さんはおかしくなっていくのかな・・・・。

  • 奈津川家サーガ第二弾

全172件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

1973年、福井県生まれ。2001年『煙か土か食い物』で第19回メフィスト賞を受賞しデビュー。03年『阿修羅ガール』で第16回三島由紀夫賞を受賞。『熊の場所』『九十九十九』『好き好き大好き超愛してる。』『ディスコ探偵水曜日』『短篇五芒星』『キミトピア』『淵の王』『深夜百太郎』『私はあなたの瞳の林檎』など著書多数。12年には『ジョジョの奇妙な冒険』(荒木飛呂彦著)の25周年に際して『JORGE JOESTAR』を刊行。近年は小説に留まらず、『バイオーグ・トリニティ』(漫画・大暮維人)の原作、『月夜のグルメ』(漫画・奥西チエ)の原案、トム・ジョーンズ『コールド・スナップ』の翻訳ほか、短編映画『BREAK』や長編アニメ『龍の歯医者』の脚本、短編アニメ『ハンマーヘッド』の原案、脚本、監督などをつとめている。

「2018年 『されど私の可愛い檸檬』 で使われていた紹介文から引用しています。」

舞城王太郎の作品

ツイートする