暗闇の中で子供 (講談社ノベルス)

著者 :
  • 講談社
3.43
  • (98)
  • (149)
  • (417)
  • (32)
  • (5)
本棚登録 : 1298
レビュー : 172
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061822061

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 煙か土か~の続きです。
    三郎の立場からみて、
    始終はらはらしながら読みました。

  • 中学一年の時、読んだ。
    衝撃過ぎてよく覚えていない…。
    おすすめ!

  • 生き埋め事件を解決したはずの奈津川ファミリーが新たなる事件の渦中に立たされ、前作では地味な存在だった三郎が自身の愛と存在意義に直面するバイオレンスラブロマンス猟奇ミステリー、とまぁぐちゃぐちゃなストーリー。
    少々グロテスクな描写が多いけど、読み通してみると恐ろしいくらいに透明で愛に満ちた話なんだなぁ、これが。中身も生き埋め事件の続編と思いきや、変な事件が続いたり、やっぱり二郎をひきずったり、ユリオを愛したり、グチャグチャだけど、人間と自分と愛と向き合うひたむきで卑しくも美しいなんかそんな感じがする。
    珍しく読み終えた後、何度も読み返した。

    冒頭で三郎が荒木に言った「ある特定の物事は、際限なくどんどん悪くなるものだ」と最後のページで三郎が語った「そして俺は生の側にいて、生をはっきりつかまえてどんどん良くなるのだ」という対比がとてもはかない。色々なことが混沌としたケイオスのままで終わったのだけど続編は必要ない。よく分からないものは分かる必要も無く飲み込むのである。
    パタン。
    (けど二郎視点の物語も読みたいのだ)

  • 1作目が面白かったので続編を読んでみた。1作目ではあまり出てこなかった主人公の兄が今回の叙述者。事件は繋がって、まだ続く。…それにしても1作目に輪をかけて暴力的な描写とすっとんだ展開にはまいった。1作目みたいに、主人公が現実世界を理路整然と描写してくれてると思って読んでいると中盤で泥沼にはまる。1作目の主人公は医者。今回は、作家。「物語論」なんて作中で何度も展開してるからんん?と思ったら、読み終わったときにはこの話のどこからどこまでがほんとでどう読んでいいのか全く分からなくなった。何かあるんだと思う。字面どおりでない何かが。スミコには残念ながらまだわかんないし、あんまり再読したくもないんだけど。

  • 小説を書くことを目指したりして、
    そんなときに、
    私が一番大切にしていることが書いてある本。

    この本と出合ってなければ、
    もっとヘタレたモノカキだったと、思う。
    今でもヘタレかもしれないけど、
    この影響は、すごい。

  • 嘘でしか語れない真実がある。

    舞城王太郎の文章は独特なのに疾走感があって非常に読みやすい。
    一人称のなかでも特に個人的な一人称で、誰かの頭の後ろから、その人が見ているものを再確認しているような印象がある。
    (最近頭が悪くなってイメージ喚起力が弱まったらしく、三人称の風景描写なんかだと全然頭にはいってこないことがある。困ったね)

  • 奈津川家きっての価値なし男にして三文ミステリ作家、奈津川三郎がまっしぐらにダイブする新たな地獄。

  • 舞城王太郎の小説は最初は面白いのに尻切れトンボ、というか私には納得のいかない落ちで終ることが多い。この話もそうだった。前作の面白さをそのまま持ってくるのは無理だろうがもう少し整然と終われないものだろうか?反則技も更に増えた気がする。メスが腹の中でカルシウムに包まれるのはブラックジャックでもあったけれど、オゾンで巨大化は正直なんでこのエピソード入れたのか解らない。更に主人公の三郎が前作の主人公四郎に比べて格段に見劣りする。物凄いエゴイストというか周りが全然見えてないというか、兎に角苛々する。ユリオや一洋や陽二もなんだかなあって感じ。アテナと四郎は相変わらず素晴らしかったが。四郎三郎と来たらつぎは二郎が来ないかなあ。うん、これミステリではないね。犯人が推理できないし。でも文学として読むのもなあ・・・次を楽しみにします。

  • テンポ○。

  • 話の筋は別として、やっぱりこの疾走感、リアル感な日本語が好き。

全172件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

1973年、福井県生まれ。2001年『煙か土か食い物』で第19回メフィスト賞を受賞しデビュー。03年『阿修羅ガール』で第16回三島由紀夫賞を受賞。『熊の場所』『九十九十九』『好き好き大好き超愛してる。』『ディスコ探偵水曜日』『短篇五芒星』『キミトピア』『淵の王』『深夜百太郎』『私はあなたの瞳の林檎』など著書多数。12年には『ジョジョの奇妙な冒険』(荒木飛呂彦著)の25周年に際して『JORGE JOESTAR』を刊行。近年は小説に留まらず、『バイオーグ・トリニティ』(漫画・大暮維人)の原作、『月夜のグルメ』(漫画・奥西チエ)の原案、トム・ジョーンズ『コールド・スナップ』の翻訳ほか、短編映画『BREAK』や長編アニメ『龍の歯医者』の脚本、短編アニメ『ハンマーヘッド』の原案、脚本、監督などをつとめている。

「2018年 『されど私の可愛い檸檬』 で使われていた紹介文から引用しています。」

舞城王太郎の作品

ツイートする