暗闇の中で子供 (講談社ノベルス)

著者 :
  • 講談社
3.43
  • (98)
  • (149)
  • (418)
  • (31)
  • (5)
本棚登録 : 1298
レビュー : 173
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061822061

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最初から最後まで文字通りに読んでいったらラストで消化不良をおこしました。
    Webで調べたら途中の違和感などが解決されてよかった。(ネタバレになるので書きませんが)
    ストーリーは斬新。

    「ある種の真実は虚構の中でしか語れない。」
    本文中には主人公の、そしておそらく舞城さんの、物語についての考えが語られている。
    舞城さんの全作品の根底にある思いを垣間見た気がした。

  • ミステリーらしからぬ、道徳もへったくれもない暴力的悪役主人公で、おもしろいなと思いながら読んでいたら、結局ミステリーじゃなかった。これは文学でしょう。
    作者舞城氏は読者を試しているんだ。「お前らミステリーが読みたいんだろ?だったらこの物語のミステリーを解いてみろよ!」って。一見、意味不明で整合性もない作品に見られがちだけど、これって全部、練りに練られた仕掛けなんじゃないだろうか。もちろん、衝撃のラストも。

    深く考えなくても、テンポよく物語が進んでいくので、単純に楽しめながら読めます。前作の「煙か土か食い物」も傑作だけど、私はこの2作目の少々思弁的すぎる主人公三郎が好き。

  • 「ある種の真実は、嘘でしか語れないのだ」

  • 最初はがんがん読んじゃったけど、
    終わり方が意味わかんない!!

    意味わかんないの好きだけど意味わかんない!!

    続きを早く読ませろ〜!!

  • 結構前に読んだが、本棚に入れ忘れ。内容もほぼ忘れ。煙か―の続編だが、やはり2(ツー)は1(ワン)を超えられない。

  • 衝撃的なデビュー作『煙か土か食い物か』に続く、奈津川シリーズ第二作。
    シリーズといわれているものの、実際に本になっているのは『煙か土か食い物か』と本作『暗闇の中で子供』のみ。

    とはいえ、その二作でミステリ界に名を残したのだから凄いとしかいいようがない。

  • デビュー作が奈津川四郎で、今回はその兄貴の三郎が主人公です。舞城王太郎を始めて読んだ時は、とにかく訳が分からなかった。自分が今まで読んできた小説には全然ない文体だし、物語は常識を超えて破綻してるし、ミステリにしては壮大だし・・・・。
    けれどここに来て、破綻してても、文体がいかれてても、素直に読める自分に驚き。

    この本は個人的にミステリ・・・・というよりは、なんだか壮大で、馬鹿げていて、でも真剣な家族小説・・・あるいは「愛」についての物語だと思います。登場人物達は皆、度が過ぎていて、キチガイじみていて、簡単にある一線を越えてしまう。けれどそれは全部「愛」故。「愛」しているからこそ、傷付けられるし。「愛」しているからこそ、傷つけられない。「愛」しているから、ひたすらに許して。「愛」しているから破綻する。そんな痛々しくも本気の「愛」が詰まった一冊。それが「暗闇の中で子供」だと私は思います。
    うーん、上手く言葉に出来ないのがもどかしい・・・・・。

  • 三郎視点にしたせいで「煙か土か食い物」の疾走感がどこかへ行ってしまった。

  • えー、わざと破綻してるのか、それともうっかり破綻しちゃったのか、判別のつかない小説。
    しかしいくらなんでもうっかり破綻ってことはないだろうなあ。
    じゃあどこからが引っかけなのかがちょっと判らない(死に方が変更になったりするので)
    判らないが、何も考えずに最後まで読了してから地団駄を踏む。
    そういう意味では黒い仏系かもしれない(違う)

    文章自体かなり独特なので、合う人は合うし合わない人はまったく駄目そう。
    暴力的かつナイーヴを標榜する人が喜びそうだ。
    ピュアという単語を見るたびに面白い気分になります。
    おめーバカだなあ、誰も褒めてねえっての。

  • 奈津川兄弟物語の一作目「煙か土か食い物」に続く二作目。
    一作目で舞城に惚れた読者がこれを読むと、少なからず落胆するのでは。
    奈津川三郎が主人公、という点で星5つだけど、ストーリーとしてはう〜ん・・・というところ。
    ユリヲの設定や、マネキンを埋めるあたりはワクワクして読めるのだけど、終わりは無茶がありすぎた感。

全173件中 61 - 70件を表示

著者プロフィール

1973年、福井県生まれ。2001年『煙か土か食い物』で第19回メフィスト賞を受賞しデビュー。03年『阿修羅ガール』で第16回三島由紀夫賞を受賞。『熊の場所』『九十九十九』『好き好き大好き超愛してる。』『ディスコ探偵水曜日』『短篇五芒星』『キミトピア』『淵の王』『深夜百太郎』『私はあなたの瞳の林檎』など著書多数。12年には『ジョジョの奇妙な冒険』(荒木飛呂彦著)の25周年に際して『JORGE JOESTAR』を刊行。近年は小説に留まらず、『バイオーグ・トリニティ』(漫画・大暮維人)の原作、『月夜のグルメ』(漫画・奥西チエ)の原案、トム・ジョーンズ『コールド・スナップ』の翻訳ほか、短編映画『BREAK』や長編アニメ『龍の歯医者』の脚本、短編アニメ『ハンマーヘッド』の原案、脚本、監督などをつとめている。

「2018年 『されど私の可愛い檸檬』 で使われていた紹介文から引用しています。」

舞城王太郎の作品

ツイートする