暗闇の中で子供 (講談社ノベルス)

著者 :
  • 講談社
3.43
  • (98)
  • (149)
  • (417)
  • (32)
  • (5)
本棚登録 : 1298
レビュー : 172
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061822061

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2003年2月読了

  • 奈津川サーガ第二弾。好き嫌い分かれるだろう。個人的には創作に関して頷いてしまう。

  • 「煙か土か食い物」に続く奈津川サーガ・第二弾です。
    第一作のそれはとっても良かったのですが、これは絶対と言って良いほど消化不良を起こされる作品です。
    なので★3(^w^;
    あと、この作品は私からするとR18〜20なので、読むのはもう少し成長してからが良かったなあ、と。

  • さーぶーろーーー!

  • 最後は本当にぞっとしました…。読み応えあります。好きです。

  • 途中あれ?と思って気がついた完全にメタ(自己言及的な〜でいいかな?)小説になってました、という小説。傑作。

    次作が出るようですが、多分物語が破綻する辺りから、主人公が三郎に変わって語っていくんだと思います。と思ったらいまだ続編が出ねええええぇえ!

  • 「煙か土か食い物」の続編。
    なんか前のよりも激しくなってました。でもほんと舞城さんすげー。奈津川家の人たち大好きなんで、続き読んでみたいです。二郎が気になるところです。

  • 暗闇の中「で」子供
    つ、つづきは???

  • ビートの利いたミステリ風小説。
    「煙か土か食い物」と続けて読むべき。

  • 「俺は俺の価値を稼がなければならない――」<br>奈津川家サーガ二作目、『土か煙か食い物か』の四男四郎よりはキャラクターとして劣る、三男三郎が今回は主人公。ダメ男にはダメ男なりの価値の稼ぎかたがあるのだ。

全172件中 71 - 80件を表示

著者プロフィール

1973年、福井県生まれ。2001年『煙か土か食い物』で第19回メフィスト賞を受賞しデビュー。03年『阿修羅ガール』で第16回三島由紀夫賞を受賞。『熊の場所』『九十九十九』『好き好き大好き超愛してる。』『ディスコ探偵水曜日』『短篇五芒星』『キミトピア』『淵の王』『深夜百太郎』『私はあなたの瞳の林檎』など著書多数。12年には『ジョジョの奇妙な冒険』(荒木飛呂彦著)の25周年に際して『JORGE JOESTAR』を刊行。近年は小説に留まらず、『バイオーグ・トリニティ』(漫画・大暮維人)の原作、『月夜のグルメ』(漫画・奥西チエ)の原案、トム・ジョーンズ『コールド・スナップ』の翻訳ほか、短編映画『BREAK』や長編アニメ『龍の歯医者』の脚本、短編アニメ『ハンマーヘッド』の原案、脚本、監督などをつとめている。

「2018年 『されど私の可愛い檸檬』 で使われていた紹介文から引用しています。」

舞城王太郎の作品

ツイートする