暗闇の中で子供 (講談社ノベルス)

著者 :
  • 講談社
3.43
  • (98)
  • (149)
  • (417)
  • (31)
  • (5)
本棚登録 : 1298
レビュー : 172
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061822061

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最後だよ。最後をしっかりしてくれよ!煙か土か食いものかのほうが面白かった。

  • ちょっとぶっ飛びすぎてて自分にはよくわからんかった・・・

    自らに対して強烈な劣等感を持っている人間が、がんばるっていうストーリーは好きなんだけど

  • 1作目が面白かったので続編を読んでみた。1作目ではあまり出てこなかった主人公の兄が今回の叙述者。事件は繋がって、まだ続く。…それにしても1作目に輪をかけて暴力的な描写とすっとんだ展開にはまいった。1作目みたいに、主人公が現実世界を理路整然と描写してくれてると思って読んでいると中盤で泥沼にはまる。1作目の主人公は医者。今回は、作家。「物語論」なんて作中で何度も展開してるからんん?と思ったら、読み終わったときにはこの話のどこからどこまでがほんとでどう読んでいいのか全く分からなくなった。何かあるんだと思う。字面どおりでない何かが。スミコには残念ながらまだわかんないし、あんまり再読したくもないんだけど。

  • 奈津川家きっての価値なし男にして三文ミステリ作家、奈津川三郎がまっしぐらにダイブする新たな地獄。

  • 最初はがんがん読んじゃったけど、
    終わり方が意味わかんない!!

    意味わかんないの好きだけど意味わかんない!!

    続きを早く読ませろ〜!!

  • 面白いけど、意味が解らない。もう、続きは出ないんでしょうか。これで舞城の中では終わってるんでしょうか。

  • 私の舞城さんデビュー作。なんだこれ〜・・・って思いながらも、過激になっていく残酷さに結局完読。ぶっ飛んだ最後に「えっ」と感じるけど、これはこれでいいのかもね。これは続編らしいので一作目の『煙か土か食い物』を先に読みたかったんですけどね。個人的に二郎兄さんが気になります。

  • 煙か土か食い物が良かっただけに・・・・いまいち

  • 三郎好きだなあ。でも三郎だったからかスピード感は落ちたような気がする。二郎の回想シーンは少しきつかった。

  • 奈津川家続編。前作は好きだけどこれは生理的にダメ。

著者プロフィール

1973年、福井県生まれ。2001年『煙か土か食い物』で第19回メフィスト賞を受賞しデビュー。03年『阿修羅ガール』で第16回三島由紀夫賞を受賞。『熊の場所』『九十九十九』『好き好き大好き超愛してる。』『ディスコ探偵水曜日』『短篇五芒星』『キミトピア』『淵の王』『深夜百太郎』『私はあなたの瞳の林檎』など著書多数。12年には『ジョジョの奇妙な冒険』(荒木飛呂彦著)の25周年に際して『JORGE JOESTAR』を刊行。近年は小説に留まらず、『バイオーグ・トリニティ』(漫画・大暮維人)の原作、『月夜のグルメ』(漫画・奥西チエ)の原案、トム・ジョーンズ『コールド・スナップ』の翻訳ほか、短編映画『BREAK』や長編アニメ『龍の歯医者』の脚本、短編アニメ『ハンマーヘッド』の原案、脚本、監督などをつとめている。

「2018年 『されど私の可愛い檸檬』 で使われていた紹介文から引用しています。」

舞城王太郎の作品

ツイートする