暗闇の中で子供 (講談社ノベルス)

著者 :
  • 講談社
3.43
  • (98)
  • (149)
  • (417)
  • (31)
  • (5)
本棚登録 : 1298
レビュー : 172
  • Amazon.co.jp ・本 (480ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061822061

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 圧倒的救済はどこからもたらされるのか。偽物の言葉にそれは宿らないのか。「大丈夫大丈夫」とささやき続けた三郎はこれじゃいかん、と自分の身を動かすことで圧倒的救済を求める。というか、そういう風に四郎に言われる。偽物の言葉じゃ駄目なのに、でも「ある種の真実は、嘘でしか語れないのだ」嘘をつき続けるしか、ユリオは救えなかったのか。もっと大きく考えると、これらは全て虚構だったのか。行き場をなくしたユリオへの二次創作的救済なのか。ならばそれは“圧倒的”なのか。全てに疑問がつきまとう。なぜ、最初からフィクションとわかっている小説作品に、(主人公にとっての)現実と虚構が持ち込まれるのか。それらの区別に対してなぜ僕が興味を持ってしまうのか。当たっているかわからないが、この二つに関しては答えを持っている。三郎の抱える問題は可哀想に一生つきまとう問題なのだ。この世ならざる問題を生み出すときに、きっと一生ついて回るのだ。可哀想と思うと同時に、早くそのステージにたどり着きたいものです。

  • おそらく賛否はわかれるし『煙か〜』よりずっと破綻しているしサリンジャーかといえばサリンジャーでもあるし(いやシーモア家)でもつまりそれが三郎なのよねと理解している。四郎があんまり格好よくて惚れるし、悩んで生きるわたしはつまり三郎なのだな、と。四郎よりずっとウェットでセンチメンタルでやさしすぎて自分に甘すぎる小説家と云う生き物であるところの三郎に同情と憐憫と憎しみを堪えきれない。幼い恋の結末が非常に胸をえぐりました。読めてよかったとおもっている。

  • 奈津川家物語第二弾。

    これ、内容について語る意味があるのか?

    JUNEなのは確かなので、気になった人は読んでみたらいいと思う。私はこーゆー現代のJUNEが読みたかった。
    舞城の描く女の子は、皆血肉が通っているというか、ふつうにそこらにいそうでかつとても可愛くて、作品を気に入ってる理由のひとつでもある。

    そしてこの作品における舞城の文章の読みやすさは異常。
    どこまでもスイスイガンガンいけるおかげで、止め時が判らない。
    でもこの文体、あるいは過剰な暴力表現故に人を選ぶのも事実なので、万人にオススメはできないのだった。

  • これは凄い。
    前作とは微妙に作風が違い、嫌いな人は嫌いだと思う。自分も何度か気分が悪くなってしまった。

    「愛しているからこそのエゴはどこまでゆるされるのか」

    ストーリーや結末にしこりも残るが三郎特有の観点・論点がなんとも絶妙。
    奈津川の圧倒的天才が蹂躙する恐るべき世界。
    いやはや、素晴らしい。

  • 生き埋め事件を解決したはずの奈津川ファミリーが新たなる事件の渦中に立たされ、前作では地味な存在だった三郎が自身の愛と存在意義に直面するバイオレンスラブロマンス猟奇ミステリー、とまぁぐちゃぐちゃなストーリー。
    少々グロテスクな描写が多いけど、読み通してみると恐ろしいくらいに透明で愛に満ちた話なんだなぁ、これが。中身も生き埋め事件の続編と思いきや、変な事件が続いたり、やっぱり二郎をひきずったり、ユリオを愛したり、グチャグチャだけど、人間と自分と愛と向き合うひたむきで卑しくも美しいなんかそんな感じがする。
    珍しく読み終えた後、何度も読み返した。

    冒頭で三郎が荒木に言った「ある特定の物事は、際限なくどんどん悪くなるものだ」と最後のページで三郎が語った「そして俺は生の側にいて、生をはっきりつかまえてどんどん良くなるのだ」という対比がとてもはかない。色々なことが混沌としたケイオスのままで終わったのだけど続編は必要ない。よく分からないものは分かる必要も無く飲み込むのである。
    パタン。
    (けど二郎視点の物語も読みたいのだ)

  • 衝撃的なデビュー作『煙か土か食い物か』に続く、奈津川シリーズ第二作。
    シリーズといわれているものの、実際に本になっているのは『煙か土か食い物か』と本作『暗闇の中で子供』のみ。

    とはいえ、その二作でミステリ界に名を残したのだから凄いとしかいいようがない。

  • 奈津川兄弟物語の一作目「煙か土か食い物」に続く二作目。
    一作目で舞城に惚れた読者がこれを読むと、少なからず落胆するのでは。
    奈津川三郎が主人公、という点で星5つだけど、ストーリーとしてはう〜ん・・・というところ。
    ユリヲの設定や、マネキンを埋めるあたりはワクワクして読めるのだけど、終わりは無茶がありすぎた感。

  • 最後は本当にぞっとしました…。読み応えあります。好きです。

  • 再読。というかもう何度でも読む本。

  • おんなじ恋愛観を持ってる人がいてびっくりした。

著者プロフィール

1973年、福井県生まれ。2001年『煙か土か食い物』で第19回メフィスト賞を受賞しデビュー。03年『阿修羅ガール』で第16回三島由紀夫賞を受賞。『熊の場所』『九十九十九』『好き好き大好き超愛してる。』『ディスコ探偵水曜日』『短篇五芒星』『キミトピア』『淵の王』『深夜百太郎』『私はあなたの瞳の林檎』など著書多数。12年には『ジョジョの奇妙な冒険』(荒木飛呂彦著)の25周年に際して『JORGE JOESTAR』を刊行。近年は小説に留まらず、『バイオーグ・トリニティ』(漫画・大暮維人)の原作、『月夜のグルメ』(漫画・奥西チエ)の原案、トム・ジョーンズ『コールド・スナップ』の翻訳ほか、短編映画『BREAK』や長編アニメ『龍の歯医者』の脚本、短編アニメ『ハンマーヘッド』の原案、脚本、監督などをつとめている。

「2018年 『されど私の可愛い檸檬』 で使われていた紹介文から引用しています。」

舞城王太郎の作品

ツイートする