クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識 (講談社ノベルス)

著者 :
制作 : take 
  • 講談社
3.70
  • (783)
  • (523)
  • (1565)
  • (29)
  • (13)
本棚登録 : 5188
レビュー : 513
  • Amazon.co.jp ・本 (384ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061822504

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 私の中では一番西尾維新の人間っぽさがにじみ出てるように感じた一冊。ああ西尾維新も学生だったんだなとしみじみ思いながら読みました。

  • 友をもっと出してほしかったなー
    内容はだいたい予想通りで微妙な感じでした
    クビキリサイクルはもっと面白かった覚えがあるんだけどな

  • ああああ!
    これは、人識くんのお話じゃなくて、いーくんのお話なのか!
    こないだ、曲識読んだから人識くん選んだのだけど、読んでるうちに、ん?ん?ってなったww
    でも、いーくんも好き
    たぶん、いーくんと玖渚の関係好き
    いーくんと人識くんの関係も好き

    図書館にある順で読んでるから、あとで繋ぎ合わせないとだめだな/(^o^)\

  • ☆☆$$まあまあ。$$いっくんのキャラの良さが光った。$$センスをやはり感じる

  • 久々に再読。読み直すたびに新しい発見をした気分になるのは、膨大な言葉遊びのせいか。いーちゃんのキャラが厨二心にはたまらない。
    人識との会話か好きなので、どうでもよい話として端折られたのがすごく気になる。
    そして巫女子ちゃん可愛い。

  • 会話が面白い作品でした。

    もともと、人識が見たくて読み始めたので特に、いーくんと零崎の会話が面白かったです。

    それ以外にも、請負人との会話や巫女子が死んだ時のショックの正体とか、面白かったです。

    伏線もしっかりと回収できていたと思います。

    冷たい考えのいーくんがやっぱり普通では無いんだなぁと思いました。
    これからの展開が楽しみです。

  • ファンにはたまらない巫女子ちゃんが出てくる一冊。
    巫女子ちゃん楽しすぎるな~
    私も友達になりたい。

    いーちゃんは間接的にでも人を殺したのかな?
    殺した気もするし違う気もする。
    言葉で人は殺せる。

    この本は僕に絶望的な価値観を植え付けた一冊。他の人はどうなんだろうな?

  • 主人公の僕と殺人鬼の零崎人識との会話がとても好きです。
    事件の内容もなかなかシリアス・・・。

  • こちらも10年ぶりに読む。
    所々忘れつつも楽しみ読めた。

    巫女子ちゃんの印象が強すぎて、大好きな人間失格といーちゃんのやりとりとかすっかり忘れてた。あれ・・・こんなに仲良しなんだったっけ・・・。
    零崎が出てくると何でか場が和みますね。殺人鬼なのに。


    いーくん嘘吐きすぎ。

  • 戯言シリーズ第二弾

    前作とは一転、今度は主人公の日常のお話。
    とは言っても、やはり事件は起きる。

    前作で何人もの天才や、
    主人公のパートナー的存在を出しておきながら
    今作に出てくるのは平凡な大学生。
    その切り替えというか、
    アレはアレ、コレはコレ的な違いに感心しました。

    言葉遊びは流石ですね。

全513件中 41 - 50件を表示

著者プロフィール

西尾 維新(にしお いしん)
1981年生まれの小説家、漫画原作者。立命館大学政策科学部中退。
2002年に『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』で、第23回メフィスト賞を受賞しデビュー。
主な代表作に、『クビキリサイクル』をはじめとした戯言シリーズ、『化物語』をはじめとした物語シリーズ、『刀語』などがある。

クビシメロマンチスト 人間失格・零崎人識 (講談社ノベルス)のその他の作品

西尾維新の作品

ツイートする