樒/榁 (講談社ノベルス)

著者 :
  • 講談社
2.92
  • (6)
  • (13)
  • (110)
  • (28)
  • (5)
本棚登録 : 308
レビュー : 33
  • Amazon.co.jp ・本 (128ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061822566

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ミステリ。連作短編。2作。密室。
    少し脱力しそうな真相だが、重厚な雰囲気があり、読み心地は悪くない。
    2作目は、1作目を上手く活かしたトリックが良い。
    著者の作品は『ハサミ男』しか読んでなかったけど、他の作品も読んでみよう。

  • 意外に楽しめた。よくある推理ではあり、すぐにネタはわかってしまったが。

  • 「鏡の中は日曜日」の後日譚的物語。トリックも驚きも薄い。小説と現実がリンクしてるところがあるが、前作知っているから読めるものの初見ではイマイチな作品。

  • シリーズをちゃんと読んでからの再読を決意。

  • 石動シリーズ4作目。
    ノベルスにしてはとっても薄っぺらい。というのも講談社ノベルズ20周年の密室をテーマにした企画本だったそうで、袋とじ状態で売られていたと知って納得。図書館で借りたものなのですが、確かに最初と最後のページに袋とじを切った跡がありました。
    16年前に名探偵水城が解決した事件と16年後に石動が解決した事件の2編。両方とも密室事件なのですが、オチが結構しょうもないというか落語的というか。前作の「鏡の中は日曜日」のおまけ的な作品として十分楽しめました。16年後と現在がリンクしてるところが面白い。

  • 初読
    美濃牛から連続で読むことをオススメ。物語は前作のエンディングからスタート。天狗伝説が残る温泉宿で起こる事件、そしてそれをモチーフにした新たな事件。密室で何が!?
    前半と後半で、二度楽しめる作品。

  • 殊能作品は感覚的な相性が良くないらしい(ハサミ男以外)、ということにようやく納得できたような気がする。

  • シリーズものと気付かずにこれから読み始めてしまった。
    『ハサミ男』で見たどんでん返しですが、主人公が実は○○という展開が好きなので無問題。
    ちゃんとシリーズの最初を探して読もう。

  • 読了日不明。知人から譲り受けたもの。刊行された殊能作品の中で唯一の短編集的小品。内容全く憶えていないので再読。100頁強という薄さだったのでさくっと読了。相変わらず人が悪い。そして新作はもう書かないのだろうか……

  • 「樒」のウェットな書き手の心情を、「杜松(むろ)」の石動さんが
    無粋にするという素敵さ。水っぽさが一気に乾燥です。

全33件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1964年、福井県生まれ。名古屋大学理学部中退。1999年、『ハサミ男』で第13回メフィスト賞を受賞しデビュー。著書に『美濃牛』『黒い仏』『鏡の中は日曜日』『キマイラの新しい城』(いずれも講談社文庫)がある。 2013年2月、逝去。

「2016年 『子どもの王様』 で使われていた紹介文から引用しています。」

殊能将之の作品

ツイートする