クビツリハイスクール 戯言遣いの弟子 (講談社ノベルス)

著者 :
制作 : take 
  • 講談社
3.52
  • (487)
  • (484)
  • (1611)
  • (52)
  • (11)
本棚登録 : 4755
レビュー : 419
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784061822672

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • シリーズ第三弾。今作では赤き征裁、哀川さん、大活躍。
    というか超人っぷりの活躍をしてます。今までの登場人物の
    全てがキャラ立ちまくってますが、この哀川さんは別格。
    過去も詳細もなんも説明なし。ただ人類最強の請負人として
    すでに刷り込まれてしまったw。

    学園というひとつの密室。その中で起こるべくして起こった
    密室での首くくりのスーパー・バラバラな遺体。そして
    これまたキャラ立ちした美少女「一姫」を救うべく、学園内を
    舞台にした戦闘<バトル>ノベルと化してます。
    少年コミックの世界ですなー。小ネタも満載w。
    会話も言葉遊びも、更にエスカレートしてもはや文学としての
    構図も遺体同様にバラバラっすw。凄いなー。

    その遺体としてしか登場しなかった学園長の密室トリックは
    例によってエピローグで明かされるますが...その探偵役すら
    ミステリのルール外って気もしますw。痛快ですなー。

  • いーちゃん&哀川さん@女子高

    作者はきっと子荻ちゃんが大好きです。

  • 潤さんに勝てる気がしない。

  • 再読
    姫ちゃん好きだったなぁ。そういや戯言読んでた当時が丁度姫ちゃんと同い年だったっけ。

  • 泣きました。

  • 可愛くて愛しくて笑い残念涙

  • 安定した面白さ/つまらなさ/くだらなさ。なんとなーく読むのにはかなり向いてる作家。高校卒業しちゃうと信仰はできなくなる。

  • 子荻ちゃんは私の脳内嫁になっている。

  • 今回は本がえらく薄かったけど、相変わらず面白かった。

    前巻のパターンから考えると今回も主人公が単独行動に出た時点で、犯人の目星はついてたんだろうなぁ。
    主人公が嘘つきだから心情について書かれてる内容どこまで信じていいのかよく分からん。
    それが面白くなってるからいいんだけど。

    いつか本気の主人公を見れるんかなぁ・・・

  • 10.3.7 読了

全419件中 81 - 90件を表示

著者プロフィール

西尾 維新(にしお いしん)
1981年生まれの小説家、漫画原作者。立命館大学政策科学部中退。
2002年に『クビキリサイクル 青色サヴァンと戯言遣い』で、第23回メフィスト賞を受賞しデビュー。
主な代表作に、『クビキリサイクル』をはじめとした戯言シリーズ、『化物語』をはじめとした物語シリーズ、『刀語』などがある。

クビツリハイスクール 戯言遣いの弟子 (講談社ノベルス)のその他の作品

西尾維新の作品

ツイートする